「化膿性椎体炎で抗菌薬21日目のAさんですが、ウガミ不足で病気をこじらせたと考えておられて、ユタに会いたいと申されています」

研修医がプレゼンの最後に付け加えました。80代の高齢女性ですが、長期の入院生活で気持ちが塞ぎがちになっているようです。

「ウガミ不足」とは、ご先祖や「ひぬかん(火の神)」へのお祈りが不足していることを指します。Aさんは入院が長引いて線香も立てられなくなっていますし、それゆえに治りが悪くなっていると心配しているのでしょう。

こんなとき、沖縄では、ユタに代わりに拝んでもらうこともできるようです。まあ、会って話を聞いてもらい、不足分を頼みたいのかもしれません。それで気が晴れるなら、良いようにも思えました。

「看護師には涙ながらに訴えていたようです。ユタに会わせてくれと・・・」

「どうするつもりですか?」と私は聞きました。

「外出はできるだけ避けていただいた方が良いと思います。外ではコロナが流行していますし・・・」と研修医は合理的な見解を述べました。

実のところ、治療経過は悪くはないのです。起因菌も明らかになっています。血流の悪い骨髄の感染症なので、抗菌薬の点滴が最低6週間は必要なのです。そのあたり、何度も説明していますが、高齢女性にとっては不安は増すばかりなのでしょう。

「ユタに会えれば、ご本人さんは安堵されるでしょうね」と私は言いました。

「そうかもしれませんが、医療が譲歩すべき領域とも思えません」と、研修医は生徒会長のように厳格です。

「病気とたたかう小さな子どもが、お母さんに会いたいと・・・」と私は言いました。「よくあることですが、お母さんに会うことは大切ですよね。科学的ではありませんが、信頼や愛情を身近に感じることは、たしかに治療効果を高めます」

「ええ、きっとそうだと思います」と研修医はうなずきました。

「ユタに対して、私たち医療者が何かを期待したり、託したりすべきではないですよ。ただ、この高齢女性にとっては、ユタに会って話を聞いてもらい、ウガミを頼むことって、子どもが母親に会うぐらい大切なことなのかもしれません」

「なるほど・・・ 科学的ではないですが、治療には必要なことなんでしょうか?」

「分かりません。本人にしか分からないことです。でも、本人がそう言ってるなら、そうなんでしょうね」と私は答えました。「そもそも、癒しなんてものは、科学的じゃありません。分かんないんですよ」

研修医は、電子カルテの画面から目をそらし、窓の外へと視線を移していました。季節は初夏。沖縄の明るい緑と街並みがひろがっています。雨上がりだからでしょうか? 少し輝いても見えます。

研修医は、しばらく沈黙していましたが、降参したように言いました。

「ユタと会える方法を考えたいと思います。長時間は避けていただくべきですよね」

ありがとうございます。自宅に帰ってお祈りするのは構いませんが、ユタと会うのは屋外が良いと思います。互いにマスクを着用して・・・ あたりは、しっかり念押ししておきましょう。