8月8日告示、22日投開票となっている横浜市長選。当初は、カジノを含む統合型リゾートの市域への導入を推進してきた現職・林市長と、それに反対する候補の戦いとなると目されていましたが、もはやそれとは全く異なる展開となっています。

カジノ推進派に関しては、横浜市長を3期務め4選目を目指す林文子氏と、元衆議院議員/内閣府副大臣であった福田峰之氏の二人の立候補。両者ともカジノ推進は同じですから、カジノ「以外」の政策の賛否によって、ここまで3期務めた林氏の政策を支持するのならば現職、そうでないのなら福田氏という、ある意味非常にシンプルな2択となります。

それに対して、「百花繚乱」状態とも言えるのがカジノ反対派候補の面々。「現職候補が弱い選挙は、対抗馬となる候補者が増える」というのは選挙の定説ではありますが、まさかここまでの有力人材が一挙に集まるとは。

・小此木八郎氏

まず、カジノを推進する現職林氏に対する最も有力な「刺客」とも言えるのが、菅政権の前・国家公安委員長の小此木八郎氏。カジノを推進してきた菅政権の閣僚でありましたから、当然ながら我が国におけるカジノ導入に関しては反対では有りませんが、一方で横浜への誘致に関しては市民合意が得られていないことにより反対。今回の横浜市長選へは無所属での出馬となりましたが、元・自民党神奈川県連の重鎮の一人であるだけに、地元の自民公明系の有権者の支持を得ての選挙活動となります。一方で急な「カジノ反対派」への転身により自民党の地方議員の一部が離反し、カジノ推進の林氏側に付くなど混乱が見られます。

・山中竹春氏

この小此木氏と並ぶ形で「第2の刺客」となるのが、立憲民主党が推薦、共産党も背後でその選挙運動を応援している山中竹春氏。地元・横浜市立大学の元教授で、データサイエンスを専門とする山中氏。これまで横浜市内でカジノ反対運動を取り回してきた中核組織「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」と「横浜港ハーバーリゾート協会」の両組織の支援を取り付け、その支援を一身に受けています。一方でこの山中氏に対して、数週間前まで市長選への出馬意向を示しながら「政策協定を結べることが出来れば、山中氏の支援に廻る」とまで言っていた元・検察官で横浜市コンプライアンス外部評価委員も務めた郷原信郎氏が、自身の不出馬の決定とともに突如「山中氏を市長にしてはならない」などと猛烈な落選運動を展開しはじめておる状況。パワハラ疑惑を始めとして、郷原氏によって連日に亘って様々なスキャンダルが暴露されるなど、不協和音も聞こえてきています。

「小此木・山中候補落選運動」で “菅支配の完成”と“パワハラ市長”を阻止する!

https://go2senkyo.com/seijika/181361/posts/284278

・松沢成文氏

一方で、実は上記小此木氏と山中氏の両名から少しずつカジノ反対票を取り込んでいるのが、前・日本維新の会の参議院議員、元神奈川県知事である松沢成文氏。松沢氏が元々所属していた日本維新の会は国政選挙で長きにわたって「カジノ推進」を公約化してきた政党でありますが、一方で松沢氏は今回の横浜市長選への出馬にあたり市民合意が取れていない事を理由に「カジノ反対」を明確化。この点では前出の小此木氏と類似したスタンスであり、保守系の政治家でもあることから非自民の保守票を一部取り込んでいます。

一方で、驚きでもあったのが、本来は山中氏に付いていたハズのカジノ反対派グループの取り込みにも松沢氏は成功していること。今回の松沢氏の立候補にあたっては、昨年横浜市で15万筆のカジノ反対署名を集めた「カジノの是非を決める横浜市民の会」元共同代表、小林節氏が選挙対策委員会の代表世話人に就任。「カジノの是非を決める横浜市民の会」は、既に山中氏の支援を決めている「カジノ反対の市長を誕生させる横浜市民の会」の前身にあたる団体であり、本来ならば山中氏に流れていたハズのカジノ反対派の一部が分裂する形で松沢氏の支援に流れたこととなります。

・田中康夫氏

そして、横浜市長選・カジノ反対派の最後の有力候補が元長野県知事で作家の田中康夫氏。地元横浜のFM局において長らく番組パーソナリティを務めており、リスナーである市民らと交流するなかで、多くの人が移り住みたいと願う横浜と、現状の横浜との落差を感じたことが立候補のきっかけだったと出馬動機を説明しています。田中康夫氏は長野県知事を2期務め、その後、衆参合せて国会議員を2期務めるなど、政治経験も豊富。元々、リベラル論調の強い政治家であったことから、その政治的ポジションは山中氏と近く、また知名度においてはここまで名前の挙がった3候補より一歩抜きん出るという点で、注目すべき候補の一人であると言えましょう。

その他の立候補者として元横浜市議の太田正孝氏、水産仲卸業社長の坪倉良和氏などを含め、今回の横浜市長選に「カジノ反対」で立候補した候補者は全6名。これに推進派の現職・林氏を含めた2名を加え、これ程の有力候補者が入り乱れる地方首長選というのはあまり聞いたことがありません。横浜の有権者は「よりどりみどり」で嬉しい悲鳴が挙がる状態といって良いでしょう。

ということで、横浜カジノ誘致の命運を決める横浜市長選の投開票は8月22日、カジノ専門家の私としては横浜市民の決断を息を呑んで見守っているところであります。