カメルーンに内容で敗れた森保J。致命的に欠けているコンビネーションプレーとは

(写真:ロイター/アフロ)

 欧州組だけで編成した日本代表で臨む国際親善試合。オランダのユトレヒトで行われたその第1戦、対カメルーン戦は0-0の引き分けに終わった。カメルーンをどのレベルのチームと見なすかで評価は分かれるが、判定で勝ち負けを決めるならば、勝者はカメルーンになる。

 試合開始から後半のなかばまで日本はカメルーンに押されていた。ボール支配率は30%台だった。チャンスの数もそれに比例していた。

 だが前半、森保監督は一般的に攻撃的だと言われる4-2-3-1で臨んでいた。高い位置からプレスを掛けやすい布陣を用い、日本のアタッカー陣も、このコンセプトに忠実に従い、相手とボールを勤勉に追いかけた。そして何度かに1回、ボールを奪うことに成功した。4-2-3-1以上に攻撃的と言われる4-3-3で向かってきたカメルーンより、プレッシングは効いていた。

 日本は、早い段階で奪い返す機会が多かったにもかかわらず、ボール支配率で大きく上回られてしまったわけだ。奪ったボールを保持する時間が短かったからだ。相手のプレスが特段、効いていたわけでもないのに、ボールを早い時間に失った。

 攻撃の方法に問題があったことは明白だ。真ん中と外。ボールを奪われやすいのは真ん中だ。相手が四方から取り囲むので、ボールを保持する難易度は外に比べ、自ずと高くなる。早い段階から真ん中に向かって攻撃を仕掛けたこと、サイドを有効に利用しなかったことが、早々にボールを失った一番の原因になる。

 とはいえ前半、森保監督が選択した4-2-3-1は、サイド攻撃を仕掛けやすい布陣である。たとえば、森保監督が後半から採用した3-4-2-1を、その点で確実に上回る。理由は分かりやすい。3-4-2-1が両サイドにサイドアタッカーが各1人しかいないのに対し、4-2-3-1は各2人いるからだ。サイドでボールを保持しやすい布陣。支配率が上がりやすい布陣を採用しておきながら、支配率を上げることができなかった。ここに森保ジャパンの大きな問題が潜んでいる。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーの定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーサンプル記事

杉山茂樹

価格

月額550円(初月無料)

月4回程度

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    ドラフトで田澤純一が指名されなかったのは、年齢だけが理由?宇根夏樹10/27(火) 13:02
  2. 2
    もしもラグビーでドラフト会議をしたら2020【ラグビー雑記帳】向風見也10/27(火) 6:00
  3. 3
    福留孝介に続き、五十嵐亮太も「4ディケイド・プレーヤー」の仲間入り宇根夏樹10/27(火) 8:42
  4. 4
    メジャーが獲得に興味と報じられたロッテ沢村は、今ワールドシリーズでセーブを上げたあの投手の代役か?三尾圭10/27(火) 17:53
  5. 5
    なぜ田沢純一と高校生を同じドラフトにかけるのか!? 帰国時にこそ必要な「逆・田沢ルール」上原浩治10/25(日) 9:04
  6. 6
    ”黄金世代と同年”引退発表の元韓国代表FW李同国が語っていた「どん底の兵役時代にハッと気づいたこと」吉崎エイジーニョ10/27(火) 11:51
  7. 7
    【新体操/男子新体操】女子団体は日本女子体育大学が首位スタート!~第72回全日本インカレ2日目椎名桂子10/27(火) 7:32
  8. 8
    今シーズンの赤字額は総額1兆円超え? 米メディアが報じたMLBの厳しすぎる惨状菊地慶剛10/27(火) 11:57
  9. 9
    ドローに終わったIBF暫定ウエルター級王座決定戦林壮一10/27(火) 0:01
  10. 10
    インテルMFが「今後10年を支配」? 大物OBらがバレッラを絶賛 「オレに似てる!」中村大晃10/27(火) 18:02