ヴィッセル神戸。順位は回復したけれど、「バルサ化」はどこへ行った?

川崎Fに勝利した神戸(写真:築田 純/アフロスポーツ)

 最近5試合で4勝。今週末に行われた直近の試合でもJリーグ3連覇を狙う川崎フロンターレに快勝した。15節にトルステン・フィンクを監督に迎えた神戸。一時は、降格圏近くを彷徨っていたが、気がつけばジワジワと順位を上げ、9位にまで回復してきている。降格の心配はほぼなくなった。めでたしめでたしと言いたいところだが、あえて一言いわせてもらいたいことがある。

 バルサ化はどこへ行ってしまったのか。その旗はすでに降ろしたのか。フィンク監督が実践しているサッカーにバルセロナの匂いはするかと言えばノーだ。アンドレス・イニエスタはいる。ダビド・ビジャも頑張っている。セルジ・サンペールも元バルサ。カンテラ出身だ。バルサ経験者は確かに存在する。ボール支配率においても川崎に対して54対46の関係で勝っていた。そうした意味では川崎よりバルサ的だったと言えるのかもしれない。しかし、それはあくまでも昨季より弱体化した川崎との比較に過ぎない。神戸そのもののバルサ度は、フアン・マヌエル・リージョが監督の座に就いていたシーズン当初の方が遙かに高かった。

 違いがハッキリと見て取れるのは布陣だ。4-3-3や4-2-3-1を中心に戦っていたそれまでからフィンク監督が布陣を大きくいじったのは22節の大分戦(8月10日)だった。

 その時、神戸は相変わらず低迷していた。フィンクが監督に就任しても流れを変えられずにいた。順位は15位。J2降格プレーオフを戦うことになる16位は直ぐ後ろに迫っていた。そのタイミングで布陣を3-3-2-2に変更した。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年9月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2019年9月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    時給950円の牛丼バイトから年俸1250万円の投手に。ホークス泉圭輔が初契約更改で笑顔 田尻耕太郎12/6(金) 11:29
  2. 2
    最も栄光から遠ざかっている球団。パ・リーグはオリックスで決まりだが、セ・リーグは… 宇根夏樹12/6(金) 9:26
  3. 3
    2019年Jリーグベストイレブンにふさわしいのは?「チームプレーヤー」がカギ。 小宮良之12/6(金) 11:30
  4. 4
    最強王者ロマゴンが日本で復帰 井岡一翔が王者のスーパーフライに照準か 木村悠12/6(金) 6:00
  5. 5
    9年前、ヤクルト入り目前で破談になった韓国のエース ラス投で胴上げ投手となって引退 室井昌也12/6(金) 15:00
  6. 6
    NPB初、「アフリカ人選手」誕生。「野球不毛の地」、アフリカと野球の浅からぬ縁 阿佐智12/6(金) 7:30
  7. 7
    韓国の21歳右腕が急逝 彼に「新世界」を見せたDeNAトレーナーが別れを惜しむ 室井昌也12/5(木) 11:29
  8. 8
    トッティ以来の欧州得点王にラツィオのエースが? セリエ新記録も期待のインモービレ 中村大晃12/6(金) 7:33
  9. 9
    「奇跡の投手」がプロ10年目で開花。ホークス川原弘之、初の年俸1000万円超。 田尻耕太郎12/4(水) 11:51
  10. 10
    続続・師走の京都の風物詩!? スター選手が勢揃いの「アスリートワールド学童野球教室」 土井麻由実12/6(金) 11:30