日本人が見習うべき欧州サッカーの建前と本音

バルセロナの監督、ルイス・エンリケは、元レアル・マドリーの選手だ。21歳から26歳までマドリーでプレイした後、バルサへ移籍した。現役時代を二つに分ければ、前半をマドリーで、後半をバルサで、奇麗に半分ずつ過ごした珍しい人物になる。

バルサとマドリー。この二つのライバルクラブの間を行き来することは、現地では裏切り行為と見られる。禁じ手とさえ言われる。ミカエル・ラウドルップやフィーゴも、それを犯した選手として知られるが、彼らは外国人。当事者ではない。カンプノウのスタンドから、フィーゴめがけて豚の頭が投げ込まれたクラシコを僕は観戦しているが、印象に残っているのは、フィーゴの「なぜ?」と言いたげな表情だった。罪の意識を必要以上に感じている様子はなかった。

ルイス・エンリケは、ヒホン生まれとはいえ、れっきとしたスペイン人だ。全てを承知の上でバルサヘ移籍した。マドリーの首脳陣と起用法をめぐって対立関係にあったと言われたが、その末に、天敵のバルサへ移籍することは、相当な肝っ玉の持ち主でないとできない芸当だ。

バルサに移籍した当初、周囲の選手にルイス・エンリケ評を聞けば、典型的な“ガナドール”だと言った。スペイン語で勝利者という意味だが、こちらが意味をつかみかねていると「勝ちたくて勝ちたくてしょうがない男」と、かみ砕いてくれた。バルサに最も欠けているタイプだとする声も聞いた。

そうした傾向は、ルイス・エンリケのプレイそのものにも見られた。どこでもこなせる多機能型。たが、プレイそのものはスピーディで直線的だった。推進力に優れたその韋駄天ぶりは、パスワーク自慢のバルサにあって、ひときわ異彩を放っていた。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2015年5月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2015年5月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「プレミア12」決勝で韓国はなぜ侍ジャパンを相手に“日本キラー”を登板させなかったのか? 金明昱11/18(月) 9:14
  2. 2
    「プレミア12」日韓戦でもお目見えした“旭日旗”問題…韓国メディア「憂慮していた事態が起こった」 金明昱11/17(日) 15:02
  3. 3
    驚異的なレコードで重賞を勝った2歳馬に対する伯楽と名手の評価とは 平松さとし11/18(月) 6:30
  4. 4
    【プレミア12】韓国、決勝戦で日本に逆転負け 大会連覇ならず 室井昌也11/18(月) 8:21
  5. 5
    プレミア12 日韓決戦を侍ジャパンが制し、大団円を迎える。この大会を野球興隆の契機に 阿佐智11/18(月) 17:30
  6. 6
    【プレミア12】韓国監督が故・加藤博一さん(元大洋)との写真を財布に忍ばせる理由 室井昌也11/12(火) 11:28
  7. 7
    世界一の座をかけて今晩決勝戦のプレミア12。アメリカでの報道は? 三尾圭11/17(日) 11:16
  8. 8
    シーズン開幕を迎えたトンプソン ルークが現役ラストシーズンに臨む思い 菊地慶剛11/18(月) 8:44
  9. 9
    元F1ドライバー、ティエリー・ブーツェンが魅せた!ポルシェ962Cでの衝撃的なタイムアタック。 辻野ヒロシ11/18(月) 18:18
  10. 10
    中村剛也は史上9人目の「500本塁打」達成者になれるのか 宇根夏樹11/16(土) 0:01