今年これまでの猛暑日日数は?

猛暑日日数(筆者作成)
猛暑日日数(筆者作成)

冷涼な北東の風が吹き込んできた影響で、一気に秋を思わせる涼しさとなっている関東地方ですが、今週前半は40度近い暑さが続きました。

きのう5日(金)までに観測された今年の猛暑日日数をみると、いずれも上位は関東地方の内陸部となっていて、1位は栃木県佐野23日、2位は埼玉県鳩山21日、3位は熊谷20日で、東京都心でも13日に達しています。

過去の最多猛暑日日数記録を調べてみると、栃木県佐野は36日、埼玉県鳩山は37日、熊谷は41日などで、まだまだ過去の記録には遠く及ばない状態ですが、東京都心に関しては、2010年と1995年の13日が最多で、すでにこの記録に並んでいる状態です。

ですからあと1日でも加算されれば、過去の記録を更新し、単独1位ということになるのですが、今後は1日どころか、大幅に更新する可能性が大きくなっています。

勢力を盛り返す太平洋高気圧

太平洋高気圧の予想(ウェザーマップ)
太平洋高気圧の予想(ウェザーマップ)

今週前半、東日本や西日本を中心に、広く猛暑をもたらした太平洋高気圧は現在、本州付近で勢力を弱めています。

きょう6日(土)の状況をみても、本州付近で割れており、関東地方には東海上から比較的涼しい空気が流れ込んでいるため、東京都心の最高気温はきょうも28.8度と、3日連続で真夏日にはなりませんでした。

ところがあす7日(日)になると、本州付近で再び太平洋高気圧の勢力が強まり、関東地方でも真夏の暑さが戻ってくるでしょう。あすは立秋で、暦の上では秋の始まりですが、暦とは裏腹に再び気温が上昇し始め、来週は猛烈な暑さ、猛烈な残暑が続くことになりそうです。

東京都心の猛暑日日数は20日以上に?

16日間予報(気象庁及びウェザーマップ発表)
16日間予報(気象庁及びウェザーマップ発表)

16日間予報をみると、東京都心はあす7日(日)には30度以上の真夏日が戻り、あさって8日(月)には34度、そして9日(火)には36度まで上がる予想で、この時点で今年の猛暑日日数は14日目となり、過去の記録を更新する見込みです。

その後、お盆休みにかけて35度以上の猛暑日が続く可能性があり、過去の記録を大幅に塗り替え、予想通りならば、20日以上となる可能性もありそうです。

内陸は40度前後が続くおそれ

16日間予報(気象庁及びウェザーマップ発表)
16日間予報(気象庁及びウェザーマップ発表)

さらに現在、全国で最も猛暑日日数の多い栃木県佐野では、あさって8日(月)には36度の猛暑日となり、その後、お盆休みにかけて、体温をはるかに上回る38度から39度の暑さが続く見込みで、フェーン現象などの気象条件によっては、40度以上の日が出現するかもしれません。

ここ数日、秋の涼しさを味わった身体には、再びこたえる暑さとなりそうで、週明けからは熱中症に厳重な警戒が必要となりそうです。

関東以外もかなりの暑さとなる見込みで、気象庁から高温に関する情報も出されました。

一方、猛暑と同居するように北日本では大雨の降りやすい状態が続き、前線の南下具合によっては、北陸周辺でも雨が降りやすくなるおそれがありますので、雨の情報にもご注意下さい。(関連記事