上空1500メートル付近に21度以上の暖気

上空1500メートル付近の暖気(ウェザーマップ)
上空1500メートル付近の暖気(ウェザーマップ)

きのう20日(月)は沖縄地方で梅雨明けの発表があり、きょう21日(月)は梅雨前線の影響で九州で大雨となるなど、季節が大きく前進していますが、今週末はさらに季節が加速し、関東甲信地方では6月として記録的な暑さとなるかもしれません。

上図は上空1500メートル付近の暖気の予想ですが、24日(金)から26日(日)にかけて、全国的に赤色の平年より暖かな空気に覆われ、特に関東甲信地方には21度以上の等値線(黄色い円内)がひっかかっています。

これは晴れれば地上で35度以上の猛暑日となる目安で、海風の届きずらい内陸ではさらに上がり、晴れ具合や風の吹き具合によっては、38度以上まで上がる可能性のある暖気と言えます。

6月として記録的暑さの週末か

天気と予想最高気温(ウェザーマップ)
天気と予想最高気温(ウェザーマップ)

上図はウェザーマップ発表の天気と最高気温の予想です。

日差しの戻る24日(金)から内陸では35度以上の猛暑日となり、特に25日(土)から26日(日)にかけては、館林、前橋、熊谷、佐野(栃木)で38度が予想され、さらに館林では39度の予想も出されています。

東京都心も26日(日)から27日(月)にかけて、34度の予想です。

6月の過去1位の記録は、館林39.3度前橋38.3度熊谷39.8度佐野(栃木)38.4度などとなっており、場所によっては、6月の記録に迫るか、上回るような高温が計算されています。

ちなみに6月の全国の歴代記録は、上述した熊谷の39.8度で、上位5位までが関東の39度以上となっており、いずれも2011年6月24日に記録したものです。

東京都心の6月の過去1位の記録は36.2度で、6月の35度以上はこれを含めて3回記録していますが、6月に34度以上まで上がれば、10位以内の記録に入ってくるため、6月としては際立った暑さとなりそうです。

もし予想よりも太平洋高気圧の張り出しが弱く、雲が広がりやすくなるなどした場合は、この気温より数度低くなる可能性はありますが、それでも内陸では35度前後の厳しい暑さとなることはほぼ間違いないと思われます。

南からの暖湿気の影響で、湿気も多く、暑さ指数も大きく上昇しそうで、各地に熱中症警戒アラートが発表される可能性も十分にあり得ます。週末は一気にやってくる真夏の猛暑に十分な警戒が必要です。