暴風域を伴う予想に

台風5号の予報円(ウェザーマップ)
台風5号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

きょう23日(水)午前9時に発生した台風5号は、タイトル画像にある通り、活発な積乱雲を伴い、グアムやサイパンなどのマリアナ諸島近海を北北西に進んでいます。

最新の予報円をみると、海水温27度以上ある海域をこれまでの予想よりはやや発達しながら北上する見込みで、小笠原の西に進む26日(土)午後3時には、中心気圧985hPa、最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートルの暴風域を伴う台風となる予想です。予報円に赤い丸の暴風警戒域が加わっているのがわかります。

その後は海水温の低い海域に入り、やや衰弱しつつも27日(日)から28日(月)にかけて、予報円の真ん中を進むと、関東の東から日本の東を北上する予想です。

予報円の東側を通れば、台風本体の活発な雨雲はほとんどが海上を通りそうですが、予報円の西側を通れば通るほど陸地に近付き、関東などで直接の影響を受けるおそれがあります。

まだ関東に近付くタイミングには1日程度のブレがあり、また台風は比較的コンパクトなため、東西へのブレ方次第で、陸地への影響が大きく変わりそうです。

今後も最新の予報円を頼りにしてください。

コンパクトだが活発な雨雲

雨雲の予想(ウェザーマップ)
雨雲の予想(ウェザーマップ)

台風5号が暴風域を伴っていると予想される26日(土)午後6時の雨雲の予想をみると、活発な雨雲を伴った渦巻きが日本の南にあって北上しています。

台風5号のサイズは比較的コンパクトなため、このあと伊豆諸島の西側を通るか東側を通るかによって、陸地に影響が出る度合いが大きく異なるものと思われます。

仮に伊豆諸島の東を離れて北東進しても、梅雨前線を刺激して大雨を降らせる可能性はありますので、油断は出来ません。