梅雨前線は衰弱し、はるか南方へ退散

雲と雨の予想(ウェザーマップ発表)
雲と雨の予想(ウェザーマップ発表)

きょう7日(月)は関東など太平洋側にはまだ梅雨前線に伴う雲域がかかっていますが、これが取れてくるのも時間の問題です。今週半ばには梅雨前線に伴う大きな曇雨天域は日本のはるか南に大きく退散するでしょう。

本州付近は9日(水)から10日(木)頃を中心にすっぽりと晴天域に入り、沖縄など一部を除いて、夏至間近の強烈な日差しが照り付ける見込みです。

すでに梅雨入りが発表されている東海以西や発表されていない関東以北も含めて、梅雨時期だということを忘れてしまいそうなほどのたっぷりの日差しが降り注ぐため、気温も大きく上昇するでしょう。

強烈な日差しで真夏日が続出

各地の予想最高気温(13日までは気象庁予想、ウェザーマップ発表)
各地の予想最高気温(13日までは気象庁予想、ウェザーマップ発表)

各地の予想最高気温をみると、東海から九州にかけては30度以上の真夏日となる所が多く、九州を中心に、35度近くまで上がる所も出てくるでしょう。

東京は8日(火)と9日(水)に29度の予想ですが、気象条件によっては両日ともに30度以上まで上がる可能性があります。

北日本でも25度以上の夏日が続き、特に今週後半は北海道でも30度以上の所が出てくる可能性があります。

まだ暑さに身体が慣れていない時期ですから、熱中症などの体調管理には十分な注意が必要です。

関東甲信の梅雨入り発表は13日(日)から14日(月)頃?

雨雲の予想(ウェザーマップ発表)
雨雲の予想(ウェザーマップ発表)

日本のはるか南に退散した梅雨前線は北上することなく衰弱し、今度新たな梅雨前線の位相が中国大陸から日本付近に延びてくるのは今週末以降のタイミングとなりそうです。

すでに遅きに失した感のある関東甲信地方の梅雨入り発表ですが、次にチャンスがあるのが13日(日)から14日(月)頃となるでしょう。きょう6月7日(月)は関東甲信地方の梅雨入りの平年日ですから、早くても平年より一週間程度は遅れてしまうことになります。

振り返れば、九州北部から東海地方にかけて、記録的に早い梅雨入りの発表があったのが先月(5月)15日から16日にかけてでしたから、実に一か月近くも経ってしまうことになります。

隣り合った東海地方と関東甲信地方で、過去にここまで梅雨入りの発表がずれたことは一度もありません。おそらく9月の確定値で関東甲信地方の梅雨入りはかなり前倒しされる可能性も大きいと思われますが、とりあえずは速報値での梅雨入り発表に注目したいと思います。