週末は冬に逆戻り、日曜日は関東甲信で内陸中心に雪の予想に

みぞれの東京都庁(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

”蛇雲”の通過による激しい雨や寒暖差に要注意

寒冷前線に伴う蛇のような長々とした雲”蛇雲”の通過により、あす金曜日から土曜日にかけて、全国的に曇りや雨のスッキリしない天気となるでしょう。

この”蛇雲”が通過するまでは暖かな南風が吹いて、かなり気温が高いのですが、”蛇雲”が通過すると一転冷たい北風に変わるため、一気に肌寒くなるでしょう。

特に関東甲信地方は、日曜日に低気圧に伴う大きな雨雲が通過するとともに一段と冷たい空気が流れ込むため、多摩などの内陸を中心に、みぞれや雪に変わる所が多くなる予想です。

では最新の予想をみてみましょう。

日曜日は大きな雨雲が流入

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

日曜日に日付が変わるとともに、低気圧に伴う大きな雨雲が関東甲信をすっぽりと包み込み、雨の降り出す所が多くなるでしょう。

明け方になると、奥日光、みなかみ、軽井沢など、標高500メートル以上の所で雪となる予想です。

日曜日の朝は多摩などでみぞれや雪か?

雨や雪の予想(ウェザーマップ)
雨や雪の予想(ウェザーマップ)

日曜日の朝になると、降水と寒気がピークとなる予想で、特に山沿いでは雪が続くため、積雪となる所がある他、宇都宮、前橋、八王子など、内陸の都市部でも雪が混じり、みぞれとなる予想です。

東京都心やさいたま、横浜などは、気温が3℃前後で、ぎりぎり冷たい雨の予想ですが、少しでも気温が下がれば、雪が混じり、みぞれとなる可能性も十分に考えられます。

降水量が増えて、気温がさらに下がれば、平野部でも、日曜日の朝はうっすらと雪化粧する可能性もあると思われます。

このあたりはまだ予想が定まっていませんので、最新情報にご注意下さい。

日曜日に上空寒気が流入

上空の寒気などの予想(ウェザーマップ)
上空の寒気などの予想(ウェザーマップ)

雨になるか?雪になるか?少し専門的な予想をみてみましょう。

上図は、日曜日午前3時の都内上空の気温などの様子を東西に割ってみたものです。(上図左の矢印)

北東の風とともに上空に寒気が流れ込み、上空1000メートル付近まで気温が0℃以下となっています。

ただこの程度ならば、地上の気温は5℃以上あるため、雪が混じるのは多摩地方の標高が500メートル以上の所となるでしょう。

日曜日朝は上空寒気がピークに

上空の寒気予想など(ウェザーマップ)
上空の寒気予想など(ウェザーマップ)

日曜日午前9時になると、上空の寒気はピークとなり、さらに下層まで流れ込む予想で、上空500メートル付近まで0℃以下となる計算です。

この上空500メートル付近で0℃を割るかどうかが関東平野部で雪が混じるか?あるいは雪になるかどうか?の指標ともなっており、今回は0℃以下まで下がる予想なので、平野部でも雪が混じる可能性が十分にあるものと思われます。

ちなみに地上付近の気温予想をみると、多摩地方の気温予想は1℃前後ですから、みぞれや雪の可能性が高く、都心周辺は3℃程度ですから、冷たい雨が主体であるものの、やはり雪が混じる可能性も十分に考えられます。

なお上空の寒気の予想が強まれば、さらに雪寄りに予報が変わる可能性もあり、もちろん逆のパターンも考えられます。

今後の予想にご注意下さい。