春分の日は、北日本で大荒れの一方、東京の桜は満開間近に?

春分の日は北日本で大荒れのおそれ(ウェザーマップ)

低気圧が急発達しながら北日本へ接近

19日(木)の予想天気図、(ウェザーマップ)
19日(木)の予想天気図、(ウェザーマップ)

予想天気図にある通り、19日(木)から20日(金)春分の日にかけて、低気圧が急速に発達しながら日本海を北東進し、北海道に近づく見込みです。この影響で、北日本や北陸では風が非常に強くなり、大荒れとなるおそれがあります。

暴風警報の出される可能性(高)

早期注意情報(警報級の可能性)、(ウェザーマップ)
早期注意情報(警報級の可能性)、(ウェザーマップ)

気象庁は、北海道東北に、発達する低気圧に関する情報を発表するとともに、暴風に対する早期注意情報(警報級の可能性)を発表して、早めの防災対策を呼びかけています。

きょう昼前に出された情報によると、20日(金)は北海道の渡島半島や秋田県、山形県で、暴風警報の出される可能性が(高)となっています。

関東以西は20℃前後の高温続く

週間予報の最高気温(ウェザーマップ)
週間予報の最高気温(ウェザーマップ)

北日本で大荒れとなる一方、関東以西では3連休にかけて、20℃前後の高温が続く予想で、これは4月中旬から下旬並みの暖かさで、桜(ソメイヨシノ)が急成長することになるでしょう。

今の時期の平年の最高気温は、関東以西で15℃位となっており、これくらいの気温でも桜は順調に成長し、1日に1分程度(1割程度)の花を開かせる力があります。

さらに20℃の暖かさともなると、1日に2分程度(2割程度)の花を開かせる力があり、例えば、20℃の気温が数日続くと、見る見るうちに桜は花開き、一気に満開へ向かうこととなります。

東京は3連休中に満開へ?

3月14日に開花した東京の桜(ウェザーマップ、山谷氏撮影)
3月14日に開花した東京の桜(ウェザーマップ、山谷氏撮影)

東京の桜は3月14日(土)に雪が降る中で開花の発表があり、これは平年より12日も早く、過去最も早い記録3月16日を2日更新する観測史上最も早い開花となりました。

東京の開花から3日経ったきょう17日の段階でも、東京に続く開花地点はまだありませんから、いかに東京の桜が早咲きだったのか分かるかと思います。

ところで開花した途端に寒の戻りに見舞われ、成長がスローペースになっていると思われる東京の桜ですが、今後は20℃前後の高温に後押しされ、一転急加速をして成長することになるでしょう。

ウェザーマップが発表している東京の桜の満開予想日は、3月23日(月)で3連休明けとなる予想ですが、20℃前後の高温が続けば、もう少し早く、3連休中の開花もあり得る状況だと思われます。

いずれにしても3連休中に他より一歩早く、見頃となるのは間違いありません。