月曜日から火曜日は、関東甲信で内陸中心に大雪のおそれ

東京の夜の雪(写真:アフロ)

日曜日の雪は関東南部中心に一時的か

日曜日の雨や雪の予想(ウェザーマップ)
日曜日の雨や雪の予想(ウェザーマップ)

関東甲信地方は、日曜日から火曜日頃にかけて、雪が予想されています。

最新の予想では、日曜日の雪に関してはやや弱くなりました。

明け方から昼前にかけて、山梨や東京多摩、神奈川などで、弱い雪が降りそうですが、平野部で積もるようなことはなさそうです。また午後になると降水域も南へ南下するため、夕方には止む所が多くなるでしょう。

一方、心配なのは月曜日から火曜日にかけての雪です。

月曜日夜から火曜日午前中は大雪のおそれ

月曜日から火曜日の雨や雪の予想(ウェザーマップ)
月曜日から火曜日の雨や雪の予想(ウェザーマップ)

月曜日は前線を伴った低気圧が南岸を東進し、降水域が大きく広がるのに加え、上空にはさらに強い寒気が流れ込むため、関東甲信の内陸を中心に大雪となるおそれがあります。

最新の予想では、月曜日の午後6時、お帰りの時間には長野や山梨、東京多摩などですでに雪やみぞれとなっている予想です。

その後、月曜日の夜遅くにかけて、降水域は関東北部へも広がり、埼玉から群馬、栃木にかけても、広く雪やみぞれとなる予想です。

そして、火曜日に日付が変わり、明け方から朝にかけて、ピークとなるでしょう。

山梨や東京多摩などには、1時間に4センチから5センチ以上の降雪を示す紫色の範囲も予想されており、あっという間に積雪が増える心配があります。

火曜日朝の交通機関に大きく影響する可能性もあるため、要注意です。

なお東京都心周辺は気温が2℃から3℃位で、雪が混じる程度の予想ですが、雪を降らせる内陸からの冷気が氾濫してくると、気温が1℃を下回り、一気に雪に変わってもおかしくありません。

念のため、東京都心周辺でも、雪化粧を想定した方が良いかもしれません。

関東甲信に大雪に関する早期注意情報

大雪に関する早期注意情報(ウェザーマップ)
大雪に関する早期注意情報(ウェザーマップ)

すでに気象庁からは、火曜日(28日)にかけて、関東甲信地方で大雪となるおそれがあるとして、大雪警報の発表可能性が中という早期注意情報が出されています。

東京23区を含む東京地方にも出されていますが、東京地方の大雪警報の基準は、12時間降雪量が東京23区、多摩北部、多摩南部で10センチ、多摩西部で20センチとなっています。

最悪はこれくらいの雪が降ってもおかしくありません。

今後も最新情報に十分ご注意下さい。