台風20号に加え、台風21号も発生、ダブル台風の行方は?

台風20号と台風21号の雲(19日午後9時ウェザーマップ)

台風20号はコンパクトだが強い勢力に

台風20号予報円(ウェザーマップ)
台風20号予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

台風20号が予想以上に発達を続けており、きょう午後9時の発表で、中心気圧980hPa、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートルの強い勢力となりました。

発生当初は3日も持たずに熱帯低気圧に変わる予想でしたから、ある意味想定外の発達を続けていると言ってもいいかもしれません。

現在、沖縄本島の南海上をゆっくりと北寄りに進んでいます。

今後日曜日にかけて強い勢力で沖縄本島の南を北上し、月曜日にかけてやや衰弱しながら沖縄本島近海を北東に進む見込みです。

その後、火曜日午後9時には西日本の南海上で温帯低気圧に変わる予想ですが、北寄りに進むと西日本の太平洋側にかなり接近する予想で、さらにこの温帯低気圧と秋雨前線が一体となって北上し、西日本から東日本の広い範囲で大雨となる計算もあります。

今後の最新情報にご注意下さい。

台風21号が発生、非常に強い勢力で小笠原へ?

台風21号の予報円(ウェザーマップ)
台風21号の予報円(ウェザーマップ)

日本のはるか南東海上にあった熱帯低気圧が発達し、きょう午後9時に台風21号となりました。

今後は海水温が29℃以上ある暖かな海面上で徐々に発達しながら西から北西方向へ進み、予報円の真ん中を予想通りの勢力で進むと、来週木曜日午後9時には小笠原近海に達し、中心気圧950hPa、最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートルの非常に強い台風となる予想です。

ただこの時点の予報円の直径は1300キロもあり、西寄りに進めば日本の南へ到達するおそれがある一方、東寄りに進めば、本州付近にほとんど影響することなく、日本の東へ遠ざかるような予想です。

通常10月下旬ともなると、多くの台風は本州の南を離れて東進しますが、太平洋高気圧や偏西風の状況次第ではかなり接近し、上陸したことも過去にはありますので、最新の予報円にご注意下さい。