台風18号、ラグビーW杯の試合に影響も

台風18号の雲の様子(30日9時ウェザーマップ)

八重山通過後、西日本へ接近のおそれ

台風18号の予報円(ウェザーマップ)
台風18号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁)

台風18号は強い勢力で、今夜、石垣島や与那国島など、八重山地方に最も接近する見込みです。台風の勢力がピークに達する頃の最接近となりますので、最大瞬間風速は60メートルに達する烈風が吹くおそれがあり、暴風、大雨、高波、高潮などに厳重な警戒が必要です。

八重山地方通過後は東シナ海を大回りし、中国大陸をかすめるように北上した後、北東に転向し、予報円の真ん中を進むと、水曜日の夜から木曜日にかけて朝鮮半島の南端付近に進む予想です。ただ南寄りのコースを通ると、九州北部にかなり接近してくるおそれもあります。

水曜日は九州北部でW杯2試合

水曜日午後3時の雨や風の予想(ウェザーマップ)
水曜日午後3時の雨や風の予想(ウェザーマップ)

日本がアイルランドに劇的な勝利を収め、一段と熱気を帯びているラグビーW杯

今週水曜日には福岡市で午後4時45分にフランス対アメリカ戦、大分市で午後7時15分にニュージーランド対カナダ戦が行われる予定です。

時を同じくして、九州北部へ台風18号が接近してくる予想ですが、試合中は台風の中心がまだ東シナ海のかなり離れた所にあるため、大荒れになるということはなさそうです。

ただ南寄りの風が徐々に強まり、時折、強いにわか雨があるかもしれません。

木曜日0時の雨や風の予想(ウェザーマップ)
木曜日0時の雨や風の予想(ウェザーマップ)

特に夜遅くなると、台風が徐々に近付き、長崎県を中心に強風が吹き荒れる荒天となるおそれがあります。交通機関に影響が出ているかもしれませんので、W杯の試合を観戦された方などは特に注意が必要です。

木曜日は近畿でW杯2試合

木曜日午後3時の雨や風の予想(ウェザーマップ)
木曜日午後3時の雨や風の予想(ウェザーマップ)

木曜日は近畿地方でW杯2試合が行われる予定です。

東大阪市で午後2時15分にジョージア対フィジー戦、神戸市で午後7時15分にアイルランド対ロシア戦。

その木曜日になると、台風18号は衰弱しながら日本海を東進する見込みで、台風本体の活発な雨雲や暴風を伴うような領域は日本海を進みますが、台風に向かう南風が強めに吹き、暖湿流の影響で、時折、強いにわか雨があるかもしれません。

台風の中心が南寄りを進み、近畿に近付けば近付くほど、荒天の度合いが大きくなり、交通機関にも影響が出る可能性があり、やはり注意が必要です。

今後も台風の進路や勢力、速度などにより、雨や風の予想が大きく変わる可能性がありますので、最新情報に十分ご注意下さい。

参考:スポーツナビ