台風16号はいつ発生?どこへ?影響は?

熱帯低気圧の雲(ウェザーマップ)

発生が遅れている台風16号

24時間以内に台風へ(ウェザーマップ)
24時間以内に台風へ(ウェザーマップ)

最新の台風情報など(気象庁発表)

台風16号の発生が遅れています。

気象庁が24時間以内に台風が発生する見込みと最初に発表したのは、おととい水曜日の明け方。それから2日以上経ったきょう午前9時の段階でもまだ熱帯低気圧のままとなっています。

タイトル画像をみてみると、台風に変わるであろうと思われる熱帯低気圧の中心付近には、まだ渦を巻いているような明瞭な雲はなく、気象庁による中心位置の推定の精度も不確実と発表されています。

今後、この熱帯低気圧が台風に変わるタイミングには依然として不確実性を伴いますが、早ければあす土曜日までには台風16号となり、日本の南へゆっくりと北上する予想です。

ただこの台風16号が発生するしない、あるいは接近するしないに関わらず、関東地方では3連休の真ん中、日曜日以降、断続的に雨が降り、まとまった雨になる可能性が出てきました。

それはタイトル画像をみても分かるとおり、熱帯低気圧の中心から東側に大きく離れた小笠原付近にまとまっている活発な雨雲群が北上するおそれがあるからです。

台風遠くても関東はまとまった雨に?

雨雲の予想(ウェザーマップ)
雨雲の予想(ウェザーマップ)

今後発生するであろう台風16号の動向は不確実ですが、小笠原付近に広がる雨雲群は今後関東周辺へ向け、北上する予想です。

雨雲の予想をみると、日曜日の午前中には南海上からの雨雲の一部が千葉県などにかかり始め、その後降ったり止んだりとなり、特に月曜日になると、暖湿流に伴う活発な雨雲が関東南部から東海にかけてかかる予想です。

種々の計算の中には、この活発な雨雲の中に新たな熱帯性の低気圧(熱帯擾乱)を発生させているものもあり、連休明けの火曜日頃にかけて、大雨を予想している計算も多くなってきています。

今後発生が予想される台風16号が仮に発生しない場合や、あるいは発生しても中心が遠いからと言って、油断は禁物です。

特に先日、台風15号で甚大な被害を受けた千葉県などで降水量が多くなるおそれがありますので、最新情報に十分ご注意下さい。