記録的に強い”新年度寒波”に注意。桜に雪も?

桜に雪(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

まるで真冬の寒波襲来時のよう

4月1日午後9時の上空寒気予想(ウェザーマップ)
4月1日午後9時の上空寒気予想(ウェザーマップ)

週末から週明けにかけて、大陸からの寒気が強さを増しながら日本列島へ南下してくる見込みです。

新元号が発表される4月1日(月)午後9時の上空5500メートル付近の寒気の予想をみると、北日本を中心に強烈な寒気が流れ込んでおり、もしこの寒気の状態だけをみるならば、何人の気象予報士に聞いてみても4月だと答える人はほとんどいないことでしょう。

それ位、今回の寒気のレベルは強く、冬季に大雪をもたらすとされる-36℃以下の大規模な寒気が北陸まで南下しており、まるで真冬の寒波襲来時の寒気をみているような感じです。

さながら”新年度寒波”の襲来とも呼ぶべきものでしょうか。

平年より15℃も低い

4月1日午後9時の上空寒気予想(ウェザーマップ)
4月1日午後9時の上空寒気予想(ウェザーマップ)

ではこの寒気は平年と比べてどれ位低いのでしょうか。

上図をみても、平年より10℃以上低い濃い青色にすっぽりと覆われているのが分かりますが、実際4月1日午後9時の上空5500メートル付近の予想値をみてみると、

秋田-38.5℃(平年より13.4℃低い)

輪島-37.6℃(平年より15.4℃低い)

館野-33.8℃(平年より14.0℃低い)

などとなっており、実に平年より15℃前後も低い予想です。

輪島のこれまでの4月1位の記録は-37.0℃ですから、予想通りに下がれば、これまでの記録を更新してしまうのをはじめ、その他の各地も記録に近いような低温が予想されています。

また上空1500メートル付近の寒気も、平年より4℃~8℃以上低く、降れば雪となる目安の-6℃以下の寒気が西日本~東日本まで南下する予想です。

関東甲信や北陸中心に、桜に雪の所も

4月1日午後9時の天気予想(ウェザーマップ)
4月1日午後9時の天気予想(ウェザーマップ)

4月1日午後9時の天気の予想をみると、上空の寒気によって発生する降水域が北陸や関東甲信に広がっており、長野など少し山沿いに入った所ではすっかり雪となる予想です。

また富山、金沢、宇都宮、前橋なども、雨か雪かギリギリのところで、少しでも気温が下がるようなことになれば、みぞれや雪になることも十分に考えられます。

さらに上空の寒気が非常に強いため、雷を伴うような積乱雲が発生する恐れもあり、もしそんな雨雲が都心部へ流れ込んでくるような場合は、都心部でもあられや雪が混じるような降り方をする可能性もあります。

すでに関東ではすべての地点で桜が開花しており、都心部では満開となっている他、北陸でも桜が咲き始めています。

ですから4月1日の夜は関東甲信や北陸地方などで、桜の花に雪というような所が出てくるかもしれません。

それはそれで風情のあるものですが、新年度のスタートは季節外れの寒さとなったり、山沿いでは季節外れの積雪となったり、落雷や突風、ひょうなどのシビアな気象現象が現れる可能性があり、注意を要します。

なお、”新年度寒波”は1日~2日がピークですが、3日の水曜日頃までは居座る予想です。