台風21号、火曜日~水曜日に日本付近を一気に北上へ

台風21号の雲の様子(ウェザーマップ)

強い勢力で四国~紀伊半島に上陸か

台風21号の予報円(ウェザーマップ)
台風21号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

タイトル画像にもある通り、昨日は明瞭に見えていた台風21号の中心の鋭い眼ですが、けさはハッキリとしなくなりました。

このことからも台風21号は最盛期の状態を過ぎてきたとみられます。

とはいえ、きょう午前9時の中心気圧は935hPa、最大瞬間風速は70メートルとなっており、猛烈な勢力からは一つランクダウンしたものの、非常に強い勢力で北西方向へ進んでいます。

今後はこの勢力を維持しながらあす月曜日に沖縄本島や奄美地方の東を離れて北上し、火曜日には西日本にかけて接近してくる見込みです。

最新の予報円では火曜日の午前9時には、四国のすぐ南海上に達しており、速度を速めながら北寄りに進んでいる予想です。

予想通りに北上すれば、四国あるいは紀伊半島に昼過ぎにかけて上陸し、夜にかけて近畿や北陸周辺を通過したあと、水曜日の朝には北海道の西まで一気に駆け抜ける予想です。

台風は速度を上げて日本海を北上するため、台風の東側(危険半円)にあたる北日本の日本海側でも瞬間的に30~40メートルの強い南風が突然吹き荒れる恐れがあります。

暴風に伴う果樹や農作物被害に早めに備えるようになさって下さい。

火曜日午前9時の風と雨の予想

火曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)
火曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)

火曜日の朝になると台風21号は四国の南海上まで迫ってきています。

このため、西日本は太平洋側を中心に台風の強風域に入っており、高知県や徳島県を中心に大荒れの天気が始まる予想です。

昼頃にかけて、台風の中心が近付く場所やそのすぐ東側では急激に暴風雨状態となる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。

また関東や東海でも、沿岸部を中心に雨が降り、風の強まる所も出てくるでしょう。

火曜日午後3時の風と雨の予想

火曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)
火曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)

火曜日の昼過ぎ~夕方は台風がちょうど近畿辺りを北上している予想で、午後3時の予想では、まさに大阪を含む近畿地方で最も大荒れの天気となっている予想です。

特に台風の東側にあたる紀伊半島では猛烈な雨が数時間にわたり降り続く恐れがあり、大雨や暴風などに最大級の警戒が必要となりそうです。

台風中心の西側にあたる中国地方でも、岡山県や山陰地方を中心に大雨や暴風に警戒が必要となるでしょう。

火曜日午後6時の風と雨の予想

火曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)
火曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)

火曜日の夜になると、台風はさらに速度を上げて、北陸周辺を北上している予想です。このため、火曜日の帰宅時間に最も荒れているのは北陸や東海地方と予想されています。

また関東地方でも、午後6時頃には沿岸部を中心に平均で10メートル以上の強い南風が吹き出し、ピークとなる夜遅くにかけて、交通機関にも影響が出る心配があります。関東でも箱根や秩父などの山沿いを中心に激しい雨の降る所がありそうです。

平成30年7月豪雨による大雨被害に対して、緊急災害支援募金(Yahoo!基金)を行っていますので、ご協力をお願いいたします。