ダブル台風(19号、20号)北上へ。20号は列島直撃か?

台風の予報円と雲の様子(ウェザーマップ)

台風19号は奄美から朝鮮半島へ

台風19号の予報円(ウェザーマップ)
台風19号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

台風19号は日本の南を西寄りに進んでいます。

中心気圧955hPa、最大瞬間風速60メートルの強い勢力となっています。

台風はこのあと幾分発達し、非常に強い勢力で、あす火曜日の午後には奄美地方にかなり接近し、直撃するように北西方向へ進む見込みです。

奄美地方は暴風、大雨、高波、高潮などに厳重な警戒が必要です。

特に最大瞬間風速は十島村で60メートルと、車が横転したり、電柱が倒れたり、木造家屋が壊れたりするほどのいわば竜巻のような突風が予想されていますので、特に警戒が必要です。

九州直撃は避けられそうだが、台風の危険半円に

水曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)
水曜日の風と雨の予想(ウェザーマップ)

台風19号は奄美地方を通過した後、水曜日に九州の西海上を北上するでしょう。

太平洋高気圧の勢力が少し西へ増したおかげで、台風も西寄りに進み、九州本土からは200キロ以上離れた東シナ海を北上する見込みです。

予想通りの進路を取れば、九州直撃は避けられるコースとなり、水曜日午前9時の予想をみても、平均24メートル以上の風の巻き込みは九州本土にはかかっていません。

とは言え、九州本土は台風の進行方向の右側にあたる危険半円に入るため、大荒れとなる所があるでしょう。暴風域に入らないとしても、十分な警戒は必要です

台風20号は木曜日~金曜日に列島直撃か?

台風20号の予報円(ウェザーマップ)
台風20号の予報円(ウェザーマップ)

台風20号は日本のはるか南海上を北西に進んでいます。

今後発達しながら北西方向へ進み、木曜日~金曜日にかけての予報円は関東~九州に収まるようになってきました。

つまり、上陸する恐れが高まってきたとも言える予報円となっています。

予報円は大きいものの、東西へのブレはあまりなさそうで、紀伊半島~四国付近に進む可能性が高いと思われますが、南北の速度のブレはやや大きく、上陸のタイミングは木曜日の昼過ぎ~金曜日の明け方頃と見込まれます。

これに伴い、北海道など北日本へ接近するタイミングも、早ければ金曜日、遅ければ土曜日と、丸1日程度のブレが生じています。

今後も最新の台風情報でご確認ください。

平成30年7月豪雨による大雨被害に対して、緊急災害支援募金(Yahoo!基金)を行っていますので、ご協力をお願いいたします。