危険な猛暑は来週いっぱい続く。週明けは再び40℃の恐れも?

台風10号など雲の様子(ウェザーマップ)

72地点で1週間以上連続(20日まで)の猛暑日

10日間の平均気温の平年差(気象庁)
10日間の平均気温の平年差(気象庁)

この10日間の平均気温は多くの所で平年より3℃以上高くなっており、特にこの1週間は極めて危険な猛暑が続いています。

38℃超えが出始めた1週間前の7月14日からその日の最高気温と(35℃以上の猛暑日地点数、38℃以上の地点数)を調べると以下の通りです。

(927地点中)

7月14日 多治見38.7℃(161、5) 

7月15日 揖斐川、福知山38.8℃(200、7)

7月16日 揖斐川39.3℃(186、17) 

7月17日 揖斐川38.9℃(149、6) 

7月18日 多治見40.7℃(190、26) 

7月19日 京都39.8℃(206、19) 

7月20日 豊岡38.9℃(201、14) 

猛暑日の地点数は毎日150~200地点程度となっており、この内すべての日、つまり1週間連続で猛暑日の続いている地点は72地点に及んでいます。

さらに1週間を超えて、8日連続となっているのは館林、多治見、高松など21地点、9日連続は朝倉、加計、山口の3地点、最も長く12日連続となっているのは久留米日田の2地点です。

さらに38℃以上の危険な猛暑の地点数は毎日10~20地点程度あり、なかでも唯一1週間連続で38℃以上を記録しているのは京都です。京都はこれまでの記録が1994年と2013年の5日連続でしたから、この記録を更新中です。

最新の暑さはこちらをご覧下さい。(気象庁)

週明けにもう一度極暑のピークか

来週いっぱいはこの危険な猛暑が続きそうですが、特に週明けは東シナ海を北西進している台風10号の影響で一段と暖かな空気が流れこみ、高気圧も強まるため、東日本を中心に再び40℃程度の極暑が出現するかもしれません。

気象庁が発表した向こう一週間の予想最高気温をご覧下さい。

関東甲信地方の予想最高気温(気象庁発表)
関東甲信地方の予想最高気温(気象庁発表)

週明けはいっそう気温が上がり、最も高い予想は熊谷の月曜日で39℃。

気象庁の予測幅の上限では41℃まで上がる可能性も予想されています。

前橋や甲府でも38℃、東京でも月曜日は37℃と今年一番の猛烈な暑さとなるでしょう。

東海~九州をみてみましょう。

東海~九州の予想最高気温(気象庁発表)
東海~九州の予想最高気温(気象庁発表)

こちらも広い範囲で来週いっぱい35℃以上の猛暑日が続くでしょう。

なかでも京都は水曜日まで12日連続で38℃以上となるかもしれません。こうなればこれはもうまさに極めつきの暑さ、まさに極暑、炎暑といった状態だと思います。

広島でも金曜日まで35℃以上の猛暑日が続く予想です。

引き続き、こまめな水分や塩分補給を心がけるとともに、炎天下だけではなく、体育館など屋内や夜間の熱中症にも十分な警戒が必要です。

またプールや海でも熱中症は起こりますので、油断しないで下さい。

平成30年7月豪雨による大雨被害に対して、緊急災害支援募金(Yahoo!基金)を行っていますので、ご協力をお願いいたします。