東京の8月は「1993年大冷夏」以来の真夏日の少なさに?

雨ばかりで、真夏日の少ない不順な8月が続く(ペイレスイメージズ/アフロ)

真夏日の少ない8月(上旬~中旬)に?

東京の最高気温の実況と予想
東京の最高気温の実況と予想

当初、夏が始まる前の気象庁の予想では、8月は全国的に平年より晴れる日が多く、猛暑の恐れがあるという予報でしたが、ふたを開けてみれば、関東より北ではまるで逆をいくような結果となっています。

東京の今月の真夏日日数は昨日14日までで半分の7日しかありません。

さらにきょう15日の予想最高気温も27℃で、今発表されている週間予報では中旬いっぱい(20日まで)30℃以上の真夏日は予想されていません。

もしこの通りになれば、8月の真夏日日数は上旬~中旬にかけてたったの7日しかないことになり、これは極めて少ない日数となります。

では一体どれ位少ない日数なのでしょうか?

真夏日の少なさは1993年大冷夏以来となる可能性

8月上旬~中旬の真夏日日数(東京)
8月上旬~中旬の真夏日日数(東京)

東京の8月上旬~中旬の真夏日の日数を調べたものが上図です。

このところほとんどの年で15日以上あり、2016年、2013年、2010年などは19日と、言ってみればこの時期、真夏日にならない方が珍しい位です。

2003年の冷夏の年でさえ10日はありました。

もし今年が予想通り、真夏日日数が7日(一ケタ)で終わってしまうと、1993年大冷夏の年(4日)以来のこととなります。

この年は冷夏の影響で水稲の不作がひどく、深刻な米不足に陥ったほか、夏物衣料や家電製品、ビールや清涼飲料の販売不振、海水浴客の減少などが深刻となりました。

第一の原因は太平洋高気圧が弱いこと

上空の天気図でみる(気象庁HPより)
上空の天気図でみる(気象庁HPより)

不順な天候が続いている原因として、まず第一に太平洋高気圧が弱いことがあげられます。

気象庁の予想では8月に強まるはずの高気圧がさっぱり強まらずに、むしろ冷夏をもたらす北からの高気圧(オホーツク海高気圧)が強く張り出しているのです。

上空の天気図をみると、まだ梅雨の最中だった7月上旬は日本付近に南から高気圧が強く張り出して(オレンジ色)、むしろ梅雨というよりは真夏に近い状態だったのに、8月上旬は台風5号がウロウロしたこともあり、太平洋高気圧は日本付近で姿を消してしまっています(青色)。

今後の見通しとしては、来週になれば夏空と残暑が戻る予想ですが、季節はもう8月下旬。ちょっと遅い感じがします。