キューバのトップアマとして米国に亡命し、2019年8月31日のプロデビュー以来、5戦全勝5KOで頂点を目指している24歳のヨエルビス・ゴメス。モスクワ五輪で金メダルを獲得したホセ・ゴメス・ムステリエを父に持つサラブレッドだ。

(C)MJS Entertainment
(C)MJS Entertainment

 ゴメスは現在、ネバダ州ラスベガスに住み、日本でもお馴染みのイスマエル・サラスのジムで汗を流している。ニックネームはダイヤモンドの意味である「La Joya」。

 物心ついた時には、既にボクシングジムが生活の一部となっていたというが、当然のことながら父と比較されながら育った。そのプレッシャーに何度も潰されそうになっている。

 ヨエルビスはキューバ国内では結果を出せたものの、アマチュア界で世界に名の知れた存在にはなれなかった。

 「とにかく、父の子である重圧が苦しかったですね。父のサポートを受けていたから、尚更です。アマで200戦くらいしましたが、自分はプロ向きなんじゃないかと考えるようになりました。大きな夢を抱いてアメリカに渡り、プロに転向したんです」

(C)MJS Entertainment
(C)MJS Entertainment

 ゴメスに興味を示すSHOWTIMEが売り出しに一役買っていることから、キューバ人サウスポーはスーパーウエルター級4冠戦をじっくりと目にした。統一王者となったジャーメル・チャーロへの挑戦を熱望する。

(C)MJS Entertainment
(C)MJS Entertainment

 まずは今週末のホルヘ・コタ戦をクリアしなければならないゴメスは、語った。

 「コタは非常に危険な相手です。経験豊富ですよね。ただ、僕も自分の能力を駆使し、印象に残る勝ち方をします。自分がKO勝ちするので、最終ラウンドまではいかないでしょう。

(C)MJS Entertainment
(C)MJS Entertainment

 サラスとのキャンプは非常に上手く運んでいます。トップ選手を何人も育てた知識のあるコーチですし、彼のジムには世界中から素晴らしい選手が集まりますから、これ以上ない環境で質の高いスパーリングを重ねました。ゲームプラン通りに戦いますよ」

 ゴメスはスーパーウエルター級で、注目の男となれるか。