マイケル・ジョーダンは1993年のNBAファイナル、対フィニックス・サンズ戦において、4試合連続で40得点以上した。

 今シーズンのファイナル第2戦で、42得点12リバウンド、第3戦では41得点13リバウンドをマークしたヤニス・アデトクンボは、「自分はマイケル・ジョーダンではない。正直、左膝が倍くらいの大きさに腫れているので不安だ。まだ、100パーセントの状態じゃない。でも、コートに立てるチャンスがあるなら戦う」と語った。

 東地区ファイナル第4戦で左膝の前十字を負傷しながらも、ケガを押しながらプレーし、第3戦以降4連勝してNBAチャンプの座をもぎ取った。

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 第4戦は26得点14リバウンド、第5戦は32得点9リバウンド、そして第6戦はミルウォーキー・バックスの得点の47.6パーセントを一人で叩き出した。

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 アデトクンボはサンズのエースであるデビン・ブッカーを封じる役目も十二分に果たした。最終戦のブッカーは19得点5アシスト、シュート成功は22分の8。放った7本の3ポイントはすべて外れた。

写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 ブッカーの動きを読んだアデトクンボのディフェンスは、何度もバックスを救った。

 2019年、2020年と連続でレギュラーシーズンのMVPを獲得。今シーズンは、オールスターに続き、当然のようにファイナルのMVPも手にしたアデトクンボ。

 ジョーダン、コービー・ブライアント、"KING"レブロン・ジェームズからバトンを得、時代を築く男となれる逸材である。

 Vを決めた試合でアデトクンボは苦手とするフリースローを19本打ち、17本を決めた。既にNBAを代表するスーパースターだが、まだまだ伸びしろを見せる。

 Playoffが始まる前「今季は、いつもと違う感じがする」と語っていたアデトクンボ。 2013年のドラフト15位でNBA入りした26歳のギリシア人が、どこまで上り詰めるかに期待がかかる。