ズラタン・イブラヒモビッチ、ウェイン・ルーニーは去ってしまったが、米国のサッカーは展開が速く、見応えがある。現役メキシコ代表選手や、アルゼンチン、ポルトガル、コロンビア、日本の元代表選手たちが集まっているのだから、面白くない訳がないhttps://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20200222-00163913/

 

 さて、今シーズンのMLS高額年俸プレーヤー10名をリストアップしてみよう。

1)ハビエル・"チチャリート"・エルナンデス(LAギャラクシー メキシコ代表 31歳)720万ドル

2)マイケル・ブラッドリー(トロントFC アメリカ代表 32歳)650万ドル

3)ジョジ―・アルティドーレ(トロントFC アメリカ代表 30歳)633万ドル

4)カルロス・ベラ(ロスアンジェルスFC メキシコ代表 30歳)630万ドル

5)アレハンドロ・ポズエロ(トロントFC スペイン出身 28歳)380万ドル

6)ジョセフ・マルティネス(アトランタ・ユナイテッド ベネズエラ代表 26歳)305万ドル

7)セバスチャン・ブランコ(ポートランド・ティンバーズ 元アルゼンチン代表 31歳)285万ドル

8)ナニ(オーランドシティSC 元ポルトガル代表 33歳)248万ドル

9)ディエゴ・ヴァレリ(ポートランド・ティンバーズ 元アルゼンチン代表 33歳)241万ドル

10)ゲスタボ・ボウ(ニューイングランド・レボリューション アルゼンチン出身 30歳)210万ドル

 イニエスタは別格だが、総じて見ればJリーグよりも稼げるかもしれない。

 MLSスカウトがリベルタドーレス杯や、北中米チャンピオンズリーグを頻繁に訪れ、南米選手を獲得している点が大きい。また米国では広大な一施設内に、芝のグラウンドを10面、20面と作り上げることが可能な点もアドバンテージだ。

 気になるFCシンシナティーの久保裕也だが、地元メディアの取材に英語で応じている。当地に生きたボクシングの元世界王者、アーロン・プライアーは「シンシナティーは保守的な地だ」と語ったが、ゴールやアシストを量産し、チームの顔となってほしい。