WBCミドル級王者、ジャモール・チャーロが危なげなく7回KOで防衛

c)Leo Wilson / Premier Boxing Champions

 無敗のWBCミドル級チャンプ、 ジャモール・チャーロがデニス・ホーガンを下して防衛に成功した。これで戦績は、30戦全勝22KOとなった。

Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions
Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions

 前回も記したがhttps://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20191207-00153622/、ホーガンは安全なチャレンジャーとして選ばれた咬ませ犬である。残念ながら、アイラン・バークレーがトーマス・ハーンズ戦で見せたような<咬ませ犬の牙>を持ってはいなかった。ジャモール・チャーロは、ハーンズと同じヒットマンというニックネームを持っているが、格下を圧倒するマッチメイクに身を委ねた。

Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions
Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions

 第7ラウンド、チャーロはジャブを打つと見せかけたフェイントから左フックをヒットし、34歳のアイリッシュ挑戦者を沈めた。カウント10を数える前に、レフェリーが腕を交差し試合終了を告げた。

 ホーガンがダウンを喫するのは2011年4月1日のデビュー以来3度目、このファイトでは2度目であった。

Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions
Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions

 両者はサイズも、パワーも、技術にも大きな差があった。チャンピオンは自身が放ったパンチの32%をヒットさせたが、挑戦者は僅か17%。これではタイトルを手に出来る筈もない。

Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions
Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions

 試合後、チャーロは言った。

 「ホーガンは本気の戦いを挑んできたね。だから自分のパワーの方が優っていることを見せた。俺がヤツに放ったパンチ全てに力を込めたよ。それらを食らいながらも向かって来たホーガンの姿は世界王者みたいだったぜ」

 そして、付け加えた。

 「ミドル級は開けている。WBC王者は俺だが、誰とだって戦う」

Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions
Photo:Leo Wilson / Premier Boxing Champions

 ジャモール・チャーロと村田諒太との統一戦が決まれば面白い。