アルゼンチン人コーチが語る「久保建英、久保建英と騒ぎ過ぎるな!」

パラグアイ戦での久保建英(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 実兄のピチは、あのディエゴ・マラドーナと共にワールドユース東京大会(1979年)で世界一となった右ウイング。息子は、京都サンガ所属のエスクデロ競飛王。自身は、元アルゼンチンユース代表&ビーチサッカーアルゼンチン代表であるセルヒオ・エスクデロ。

 彼が日本メディアの「久保建英フィーバー」について語った。

撮影:著者
撮影:著者

 久保建英は確かに日本人選手のなかでは上手いです。5日のパラグアイ戦も悪くはなかった。ドリブル突破も、ゴールへの意欲も見せました。確かに日本国内では、逸材でしょう。

 でも、あくまでも「悪くなかった」レベルです。日本代表の中心選手のようにメディアが扱うのは間違っていますね。抜群の存在感だった訳ではない。決定的な仕事はしていませんし、何度か倒されましたよね。今のA代表において、例えば「中島翔哉以上の働きが出来ているか?」と問われた場合、NOです。

 久保君はFC東京に在籍していた頃、何得点しましたか? 2019年で5点。その前のシーズンは2点。合計で7得点です。これは、プロの攻撃的な選手として圧倒的な数字ですか?

 僕らの国の“神様”であるディエゴ・マラドーナは、16歳の誕生日の10日前にプロデビューしました。アルヘンチノス・ジュニアーズという、当時小さめのクラブに属していましたが、17歳、18歳、19歳と3年連続でアルゼンチン1部リーグの得点王になりました。そういう選手なら「国の至宝」と呼んでもいい。マラドーナのその後の輝きは、ここで述べるまでもないでしょう。

 正直な話、アルゼンチンやブラジルなら、久保君クラスの選手はいくらでもいるんです。日本人は、煽って煽って、無理矢理にスターを作っているように感じます。ちょっと信じられないですね…。アルゼンチン人なら、今の日本の久保フィーバーに、違和感を覚えるのは当然です。

 マジョルカでも日本代表でも不動のレギュラーを獲得し、チームの柱として活躍するまでは、騒ぎ過ぎない方がいいと僕は思います。<期待の新人>が潰れていったケースを何人も見ていますから。