WASJで共演した女性ジョッキー達からの藤田菜七子騎手へのエール

WASJに参加した左から藤田菜七子騎手、L・オールプレス騎手、M・ミシェル騎手

WASJに招待された外国人騎手たち

 8月24、25日、札幌競馬場でワールドオールスタージョッキーズが開催された。

 今年は5人の外国人ジョッキーが招待された。私は海外での取材が多いため、たまたま5人全員と事前に面識があり、言葉をかわした事があるというだけではなく、一緒に食事に行ったジョッキーやエージェントら関係者もいた。だから言うわけではないが、なかなか素晴らしいジョッキー達が一堂に会したと思えた。

画像

 ヨーロッパを中心に各国の競馬がシーズン真っただ中という事もあり、例えばF・デットーリ騎手やR・ムーア騎手といったビッグネームがいなかったため、「小粒なメンバー構成」などという声も聞こえてきたが、実際のところそう言われるほど悪い面子ではなく、むしろJRAはよくこれだけの名騎手を集めたものだと思える顔触れだったと感じたのだ。

昨年ジャックルマロワ賞を優勝したアルファセントーリとオドノヒュー騎手
昨年ジャックルマロワ賞を優勝したアルファセントーリとオドノヒュー騎手

 例えばアメリカ代表となったジュリアン・ルパルー騎手はブリーダーズCを7勝もしている。アイルランドから呼ばれたC・オドノヒュー騎手も自国のアイルランドはもちろんイギリスやアメリカ、カナダでもG1勝ちがある。昨夏にはアルファセントーリを駆ってジャックルマロワ賞(G1)を優勝。日本でも馬券が発売されたレースなので記憶にある方も多いだろう。彼はこれでフランスでのG1勝利も記録した事になった。また、香港代表となったカリス・ティータン騎手は18~19年シーズンに84勝を挙げてリーディング3位。香港移籍前の南アフリカ時代にもG1勝ちをマークしている名手である。

 そして、藤田菜七子騎手と3人で今回の大会を盛り上げた2人の女性騎手。短期免許での来日経験のあるリサ・オールプレス騎手は母国ニュージーランドで18~19年シーズンに133勝を挙げて自身3度目となるリーディングの座を奪取。G1・ニュージーランドオークスも優勝と、自国での成績という意味では今回来日した全ての騎手の中でもトップと言える数字を残した。

ニュージーランドで実に3度目のリーディングジョッキーとなったL・オールプレス騎手
ニュージーランドで実に3度目のリーディングジョッキーとなったL・オールプレス騎手

 そして、今回、一躍時の人となった感のあるミカエル・ミシェル騎手である。最も声援を浴びた彼女だけが、成績という面では他の4人と比べると大きく劣っている。ビッグタイトルがあるわけではないし、今年は大怪我もあり、数字は伸び悩んでいる。そんな彼女が最も注目を浴びたのだから皮肉なモノだが、フランスで始まった女性騎手への減量特典を生かし、昨シーズンは現地の女性騎手の年間最多勝記録を更新したのは立派である。

フランスでのM・ミシェル騎手(2018年撮影)
フランスでのM・ミシェル騎手(2018年撮影)

女性ジョッキー達から藤田菜七子騎手へのエール

 さて、そんなミシェル騎手だが、昨春の大活躍を受けて、昨年フランスで話を伺った事があった。現在、彼女のエージェントをしているフレデリック・スパヌ氏も、元騎手という事で以前から知った仲。そんな事もあり、今回の遠征の前後にも連絡をとっているのだが、フランスに戻った彼から次のような連絡があった。

 「日本はすごかった。JRAの競馬を施行するシステムも完璧だし、私達に対するおもてなしも世界のどの国よりも素晴らしかった。そして、日本の競馬ファンもまたエクセレントで、私達はまた日本で乗りたいと思ったし、住んでみたいと感じるほどだった」

 ミシェル騎手自身もファンからのサイン攻めにあった後、口を開いた。

 「あまりにフランスと違い過ぎてビックリしました」

 そして、日本の女性騎手の名を出して、次のように続けた。

 「いつもこんな環境で乗れるナナコは幸せだわ」

JRA初勝利を挙げて笑顔でポーズを決めてくれたM・ミシェル騎手
JRA初勝利を挙げて笑顔でポーズを決めてくれたM・ミシェル騎手

 そこで藤田菜七子騎手と実際に一緒に乗った感想を聞くと、ニコリと笑って答えた。

 「ナナコの事はフランスにいる頃から知っていたわ。噂に聞いていた通り、素晴らしいジョッキーだったわ。一緒に乗ったレースではなかったけど、彼女が勝つシーンも実際に見て、騎乗フォームも綺麗だし、感心したわ」

 同様に彼女の事を褒めたのがリサ・オールプレス騎手だ。藤田菜七子騎手が目標とする存在である彼女は、言う。

 「私が前に短期免許で来た時に、厩舎のバーベキューで一緒になって話した事があるわ。当時はまだ幼いお嬢さんという印象だったけど、今回、久しぶりに会って本当に成長して良いジョッキーになっていたので私も嬉しく感じたわ。これからももっともっと様々な経験を重ねて、どんどん良いジョッキーになってくれる事を願っているわ」

 憧れの存在からのエールは、果たして藤田騎手の耳にも届いているだろうか。ワールドオールスタージョッキーズはお祭り要素も漂うが、それでも良い結果を残せず悔しそうな表情を見せた藤田騎手。負けず嫌いのそんな表情を見る限り、彼女はきっとオールプレス騎手の願いをかなえる事だろう。

WASJで共に騎乗した藤田菜七子騎手(手前)とL・オールプレス騎手
WASJで共に騎乗した藤田菜七子騎手(手前)とL・オールプレス騎手

(文中敬称略、写真撮影=平松さとし)