エアバス、2018年に「空飛ぶタクシー」CityAirbusの試験飛行へ

(エアバス)

 航空機メーカーのエアバスは「空飛ぶタクシー CityAirbus」の試験飛行を2018年に実施することを発表。エアバスは2016年に「空飛ぶタクシー」のコンセプトを公開していた。地上での試験は完了しているとのこと。

 CityAirbusは垂直離陸可能なバッテリー駆動のVTOL機 (vertical take-off and landing)だから滑走路などは不要。道路での交通渋滞を回避するために都市部と空港、駅などでの利用を想定。4人乗りで最高時速は120km、電気のみで動く。2023年までにサービス開始を目指しており、当初はパイロットが同乗するが、将来的には完全自動運転を目指している。

 自動運転車の走行試験は世界中で進んでおり、実用化も視野に入ってきている。自動運転は道路から空へ向かっている。「空飛ぶタクシー」もUberやドイツのVolcopterなどがドバイで飛行試験を予定している。Uberは2020年までに実現を目指している。

 政府の認可や規制問題など商用化までの課題はあるが、地上での交通渋滞を回避するために空で移動する時代はそう遠くない。特に交通渋滞は酷いが自動運転車の導入が難しい新興国では「空飛ぶタクシー」の実用化が待ち遠しい。

マルチコプター型のCityAirbusのイメージ(エアバス提供)
マルチコプター型のCityAirbusのイメージ(エアバス提供)