「売れ残り」は過去のイメージ 近年増加中の「完成販売」が有利なマンションの特徴は

建物が完成した状態で売られるマンションが増加中。写真は記事とは無関係のイメージ。

 建物ができあがった状態で販売される新築分譲マンションを「完成販売」とか「完成売り」と呼ぶ。20世紀まで、建物ができあがっても販売を続けるマンションは「売れ残り」とみなされ、建物が完成してなお売り続ける住戸を「完成在庫」とも呼んだ。

 つまり、建物が完成してもなお販売を続ける分譲マンションは好ましい印象を持たれなかったわけだ。しかし、21世紀に入ったあたりから、状況が変わってきた。

 建物が完成してから販売を開始するマンションが出現するようになったこともあり、完成売りマンションは「売れ残り」と呼ばれなくなった。当然、ネガティブなイメージも払拭されつつある。

 建物が完成してから販売を開始するのは、「建物とは異なる場所に販売センターをつくる費用を節約したい」と考えられるようになったから。そして、都心部では、そもそも「販売センター用の土地がない」ということも理由として大きい。

 さらに、中古マンションと新築マンションを同時に検討する人が増え、「即入居可の中古マンションと比べられたとき、完成売りマンションのほうが売りやすい」という事情もある。

 いくつかの理由で、実際の建物を見せながら、販売する方式が広まり、それもわるくないと受け入れられるようになったのである。

 現在のように完成した建物を見せて売るマンションが増えてくると、「完成販売」だからこそ、魅力が増す物件があることが分かってきた。

 それは、どんなマンションなのか、具体例を挙げながら解説したい。

完成販売で魅力を増すマンションには、共通する立地特性があった

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2021年5月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2021年5月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

年間200物件以上の物件取材を行い、全国の住宅事情に精通。正確な市況分析、わかりやすい解説で定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞に連載コラムを持ち、テレビ出演も多い。著書多数。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。