小さな子供を育てる世帯が、マンション購入時に頭を悩ませがちなのが、保育所の問題。そのマンションを購入したいが、マンション周辺の保育所に子供を預けることができそうもない。それでは、共働きを続けることができない、と気に入ったマンションの購入をあきらめることがある。

 近年は建物内に保育所を設ける分譲マンションも増えているのだが、それが認可保育所だと子供を預けることができるとは限らない。マンション居住者以外の申し込みが多くなれば、せっかく同じマンション内に保育所があるのに利用できないことがある。

 認可外保育所にすれば、マンション居住者優先にしやすいのだが、その場合、保育費用が高くなる、という問題も生じる。

 小さな子供がいる共働き世帯にとっては、保育所問題は、マンション選びを左右する事柄となる。

 問題の根源は保育所の数が足りず、待機が生じがちであるということ。その問題を解消するため、2016年に生まれたのが、「企業主導型保育所」という仕組みだ。

 生まれてまだ日が浅い企業主導型保育所を設置したマンションを取材したので、その内容をレポートしたい。

従来からある「事業所内保育所」との違いは