名古屋で建設が始まった超高層マンション「NAGOYA the TOWER(名古屋ザ・タワー)」に首都圏からも注目が集まっている。

 注目する人は、もともと名古屋の出身でいずれ戻ろうと考えている人や頻繁に名古屋出張を繰り返している人。そして、リニア中央新幹線で飛躍する名古屋駅近くにマンションを所有したいと考える投資目的の人たちだ。

 東海エリアでは、「名古屋のマンションを買うのは名古屋の人だけ」と長く考えられていた。しかし、リニア中央新幹線の建設が進むなか、名古屋駅周辺のマンションには、東京・大阪をはじめ全国から注目が集まっている。リニア中央新幹線が開通すれば、品川駅から名古屋駅までの所要時間は約40分となる予定。「開通する前に押さえておこう」という動きが出るのは当然だろう。

 その名古屋駅周辺で最新鋭のマンションとなる「NAGOYA the TOWER」の特徴は、名古屋駅徒歩圏では最高層となる地上42階建てであることや、災害時に停電が起きたときでもことエレベーターを1基制限なく動かし続けることができる最新の非常用電源を備えていること(大災害の停電でもエレベーターが何日でも動き続ける。超高層マンションの新しい工夫が登場)参照。しかし、取材してみると、特徴は2つだけでなく、驚くほど多かった。

 「このマンションだけ」と考えられる長所や注目点を数多く備えていることこそが、「NAGOYA the TOWERの最大の特徴」といえるほどに。

 数多い長所・注目点の一端を紹介したい。

大雨が降り、停電しても、地下駐車場に水が流れ込まない