テレワークの影響で新築マンション「人気の立地・間取り」はどこまで変わる?

三菱地所レジデンスが新築マンションに有償オプションを始めたテレワーク用スペース。

 6月5日、マンション、一戸建てを分譲する三菱地所レジデンスが新築分譲マンションの新しい工夫を発表した。その使い方を説明するイラストが上のもの。「ベッドで就寝している人の横でも、安眠を妨害せずにテレワークできます」という工夫を紹介するイラストである。黄色で色づけされたボックス状の家具というか、装置のようなものが、「箱の間」と名付けられたモノだ。

 「箱の間」は、リビングや寝室の一画に置くだけで、テレワークや子どもの勉強スペースをつくり出すというもの。もともとは三菱地所と三菱地所レジデンスが開発した商品で、昨年9月から三菱地所ホームで販売されていた。それを、テレワークの広がりに合わせて、現在分譲中のマンション6物件で有償オプションにすることを決めたものだ。

 「箱の間」には2タイプがあり、イラストで紹介されているのは、箱の中に入り込むタイプ。それとは別に、箱からデスクが出ているタイプもあり、それが、下の写真だ。

画像

 リビングの一画に置くのであれば、写真の「箱からデスクが出ているタイプ」がよさそう。テレワークスペースを確保できるのは寝室しかない、というなら、イラストの「箱のなかに入るタイプ」がマッチしそうだ。

 その価格は、マンション購入時にオプション追加するときで、55万円と60万円。イラストの「中に入り込むタイプ」が55万円で、写真の「デスクが外に出るタイプ」が60万円だ。

 「箱の間」は、緊急事態宣言下の4月と5月、自宅でテレワークのスペースを確保しにくい人が増えたことから、オプション設定が始まったものと考えられる。

 それほどに、テレワークは生活に大きな影響を及ぼした。影響が大きかっただけに、今後、テレワークが定着したらどうなるのか、不安に感じている人は多い。

 考えられる新たな方向性をプロ向けに考えてみた。

「都心から郊外」の動きは、どこまで?

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年6月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年6月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。