埼玉県の「ウエリス浦和美園」、神奈川県の「グランアリーナレジデンス」、東京都下の「リーフィアレジデンス橋本」、千葉県の「ルネ稲毛グランマークス」……いずれも、6月以降、売れ行きや販売センターへの来場者が大幅に増えている新築分譲マンションだ。

 その共通点は、「郊外大規模マンション」であること。都心マンションではなく、タワマンと呼ばれることが多くなった超高層マンションでもない。そして、20世紀までは新築マンションの王道だったが、近年は超高層マンションの影に隠れてしまった感のある郊外大規模……。それが、今、人気を高めている本当の理由と今後の見通しについて、現場取材を基に解説したい。

6月が好調だった本当の理由は