あえて「車庫なし建売住宅」が、想像以上の人気で完売した理由

一戸建てなのに、駐車スペースがない。写真提供:三井不動産レジデンシャル

 三井不動産レジデンシャルが、昨年秋、新タイプの分譲住宅を販売した。

 「ファインコート品川中延フロントレーベル」。フロントレーベルは、フロントランナー(先導者)のように、分譲一戸建ての“先導的物件”であることを示しているのだろう。これまでにない工夫を凝らした物件なのだ。

 その工夫とは、あえてカーポート=駐車スペースを設けていないこと。敷地内にマイカーを所有しない一戸建てとなっている。

 従来、駐車スペースは一戸建ての生命線というべきものだった。

 分譲マンションを買うと、駐車場を借りなければならない。その賃料は、安くても月額5000円。1万円から2万円程度になるのが普通だ。中間をとって、月額1万5000円を毎月支払い続けると考えれば、駐車場付き一戸建ての長所が際立つ。一戸建てであれば、自前の駐車スペースにマイカーを収めるので、毎月の駐車場使用料が不要。その分、生活が楽になるし、駐車場までの距離が短いという利点もある。

 敷地内に設けられた駐車スペースは、一戸建てがマンションよりもすぐれている点の代表項目だった。それを手放す一戸建てが“先導的物件”と位置づけられたわけだ。

 その意義とは、そしてどんな人が購入したのかを取材した。

あえて、一戸建てで駐車スペースをなくした理由とは

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年1月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。