2年前に超ときめき宣伝部に加入し「令和で一番かわいいアイドル」と話題になった菅田愛貴。アルバム曲『すきっ!』がTikTokでバズる中、そのピュアで天使然とした存在感はグループ躍進の大きな力となった。一方、最近はドラマやバラエティなどソロ活動も増えている。15歳から17歳に。ミニアルバム『ハートギュッと!』の発売を前に、進化の裏にあるものを本人に聞いた。

歌うだけでなく伝えたいと思うようになって

――超ときめき宣伝部に加入して2年が経って、レコーディングもすっかり慣れましたか?

菅田 最初の頃はヘッドホンをしてマイクで歌うと、返ってくる自分の声の大きさにビックリしたんですけど(笑)、少しずつ慣れてきました。

――メンバーの小泉遥香さんがYouTubeチャンネルで、愛貴さんの裏声がきれいだと語っていました。

菅田 私は普段しゃべっているときも、変なところで声を出していて(笑)。それが裏声に近いのか、歌でも出しやすいです。でも、どれが裏声なのかは自分ではわかりません。

――歌の練習も頑張っているんですか?

菅田 ボイストレーニングも受けていますけど、歌詞の意味を深く考えるようになりました。ただ“歌う”だけでなくて、“伝える”ようにしたいと思っています。

任された大事なパートは責任を持って

――ミニアルバム『ハートギュッと!』では、大事なパートを任せられることが増えたのでは?

菅田 そうなんです。すごく嬉しいですし、せっかく任せてくれたので、ちゃんと責任を持って歌いたいです。

――特にもらえて嬉しかったパートというと?

菅田 『Dear friend』の<本当に好きだよ>のところです。語尾をすごく伸ばすのも初めてで、大事な歌詞なので。

――『Dear friend』では歌詞の意味をどう考えたんですか?

菅田 自分に置き換えました。この曲は誰でも置き換えられると思うんです。私は大好きな母のことを考えて、感謝の気持ちを大切に歌いました。前に家の片づけをしていたとき、母の日記が出てきて。毎日の私のことが書いてあって、読んだ瞬間ワーッとなったんです。

切ない恋愛ソングが難しかったです

――『ハートギュッと!』で難しかった曲はありましたか?

菅田 『きっとスタンダード』です。Aメロが1音1音違う感じだったり、音程が急に上がったり。ずっと波が動いているようなメロディの変化が、なかなか掴めなくて。

――この曲も歌詞について深く考えたんですか?

菅田 とき宣は恋している最中や恋する前の女の子の気持ちを歌った曲が多いんですけど、『きっとスタンダード』は恋した人に選ばれなかった自分、みたいな。切ない恋愛ソングになっています。

――曲調も他と違う感じですね。

菅田 かわいい、夢見る、青春……とは真逆で、切なくて大人っぽくて。オシャレな感じもします。

――それだけに17歳の愛貴さんとしては、考えることが多かったと?

菅田 そうですね。でも、最初に<君のヒロインになんてなれなくて>とあるので、わりと掴みやすかったです。普段あまり恋愛話はしませんけど、アニメをよく観るので、そういう線から考えました。

天使らしい表現を頑張りました

――アニメというと、最近ではどんな作品が面白かったですか?

菅田 みんなが言っている『SPY×FAMILY』にはもちろんハマって、あとは『かぐや様は告らせたい』ですね。私、ずっと恋愛系はあまり観てなかったんです。少年マンガ系が多くて。でも、この前初めて『かぐや様』を観たら、想像していたような恋愛のお話ではなかったんです。すごく面白くて、一気に3期まで追い付きました(笑)。

――3年前にアニメ化された『かぐや様』を、なぜ今観たんですか?

菅田 かぐやはもちろん、制服とかの画がかわいくて。そこに不意に興味を持って、キャラクターから入りました。あと、最近はアニメ以外の映画もよく観ています。

――どんな映画を?

菅田 新しいのだと『ファンタスティックビースト(とダンブルドアの秘密)』を映画館で観ました。昔から『ハリー・ポッター』が大好きで、家にシリーズ全巻あるくらいなんです。あと、アニメ映画の『バブル』に、ホラー映画も観ています。『アス』とか『エスター』とか。

――怖いのは平気なんですね。

菅田 怖い雰囲気で観ると怖いですけど、お布団に座って観れば安心できます(笑)。

――『ハートギュッと!』のメインのかわいい路線の曲も、愛貴さんは好きですか?

菅田 すごく好きです。『Cupid in Love』は曲調もかわいいし、恋した瞬間のときめきを表現していて、聴いていてもワクワクします。

――天使ふうのMVも愛貴さんにピッタリで。

菅田 皆さんの恋のキューピッドになれるように、天使っぽい表現を頑張りました。癒される天使になれていたら嬉しいです。

表情筋のためにもずっと笑顔でいます

――愛貴さん個人として、「令和で一番かわいいアイドル」と言われたヴィジュアルにも、さらに磨きをかけていますか?

菅田 そんなにかわいくないですけど、そのフレーズで私を覚えてくださる方もいるので、ふさわしくなれるように頑張りたいと思っています。

――YouTubeチャンネルの「垢抜けた理由」を紹介する企画では、アゴのラインや眉毛のケアなどの話をされていました。

菅田 朝起きたら、リンパを流すマッサージをしながら、顔を動かすようにしています。笑顔でいると表情筋が鍛えられると思うので、家でも母と話しているときとか、ずっと笑顔でいます。

――愛貴さんの笑顔は周りも明るくするし、一石二鳥ですね。

菅田 あと、髪の結わき方を上達させたくて。私の髪質って、細すぎてアホ毛が出やすいんです。小さい頃、親が一度坊主にして生え変わらせようとしてくれたみたいで、ちょっと太くなりましたけど、やっぱり扱うのが難しくて。髪の量も多いので、きれいに見えるように結わき方を頑張りたいです。

ライブで少しでもかわいく見られたくて

――また坊主にするわけにはいかないですしね(笑)。『ハートギュッと!』の『なんでもいいから』では、好きな男の子と会う前にちょっとでもかわいくなりたい乙女心が歌われていますが、愛貴さんくらいかわいくても「もっと」と思う気持ちはありますか?

菅田 もちろん、そういう気持ちは根本的にずっとあります。たぶん世の中の全女の子が思っていることで、ライブ前の私たちも表されています。宣伝部員さん(ファン)に少しでもかわいく見えてほしいので。

――パフォーマンス力も2年でだいぶ向上させました。

菅田 加入当時のレッスンの動画を観ると、めちゃ恥ずかしいです。動きが本当に気持ち悪くて(笑)、エーッとなるんですけど、そうならないように肩の力を抜いてダンスをする意識は付いてきました。あと私、マイクを口から遠くに離してしまうクセがあるんですね。自分ではちゃんと口の近くで持っているつもりなのに、声が乗ってなくて小さく聞こえてしまう現象があって。毎回マイクを近づけるように言われて、裏で練習して、最近はマイクを食べるくらいの勢いで(笑)、持つように気をつけています。

元気と癒しを届けるのがアイドルなので

――この2年のとき宣での活動で、特に感動的だったことは何ですか?

菅田 去年の立川立飛アリーナでのライブです。(センターステージで)360度どこを見ても宣伝部員さんがいる状況で、トロッコに乗ったのも初めてでワクワクしました。トロッコでは宣伝部員さんにすごく近づけて、目もガッツリ合って。嬉しそうな反応をしていただけたのを見ると、すごいなと実感しました。

――愛貴さんは最初から「人を笑顔にしたい」と言ってました。

菅田 そうなんです。だから、皆さんの笑顔を近くで見られると、私のテンションもすごく上がって「もっと頑張ろう」という気持ちになります。

――元からステージで緊張はしないタイプでしたっけ?

菅田 するんですけど「してないね」と言われます(笑)。楽屋では「大丈夫かな?」と思いながら、ひと通り歌と立ち位置を確認して、お水を飲んだりして過ごして落ち着かせています。あと、会場のモニター映像を観るのが好きなんですね。開場して、ただ「入ってくる。入ってくる」と宣伝部員さんたちを観るのが面白くて(笑)、笑顔になっています。

――小泉遥香さんのYouTubeチャンネルでは、愛貴さんについて「落ち込んでいるのを見たことがない」とも話していました。

菅田 家で落ち込むことはたまにありますけど、外には出さないようにしています。元気と癒しを届けるのがアイドルなので。

好きになる瞬間をちゃんと表現しようと

――一方で、個人での活動も増えてきました。

菅田 1人だと不安になってしまうこともありますけど、女優さんになるのも夢なので。堂々とできるように頑張りたいです。

――ドラマ『理想のカレシ』では、大政絢さんが演じる主人公・小野寺優芽子の17歳のときの役。メガネをかけて「勉強ばかりに集中し、はっきりと意思を伝えることが苦手で内気な性格」という設定です。

菅田 私も学校とかで内気なところは、ちょっと似ています。勉強は好きなんですけど、ひと筋というところは違っていました。優芽子が大人になっても初恋の人を想い続けるきっかけになる、大事なシーンを演じさせていただいてます。

――甘酸っぱいシーンでした?

菅田 「もうイヤだー!」って1人で屋上に逃げてきて、同級生の神宮寺くんに頭をポンポンされて、フワーッとなって。そのことがずっと忘れられなくなるので、好きになる瞬間をちゃんと表さないといけなくて、本当に緊張しました。

――どんなことを意識して演じたんですか?

菅田 真面目な子が頭をポンポンされたら、恋しちゃいますよね(笑)。ビックリしたのと恋に落ちたのを、顔の超アップだったので表情だけで表現できるようにしました。鏡を見て練習したり、動画を撮って見返したり。

――本番ではイメージ通りにできました?

菅田 自分ができる精いっぱいのお芝居をしたら、監督さんに「すごく良かったよ」と言っていただけました。別の日にマネージャーさんにも「良かった」とお電話があったみたいで、嬉しかったです。

役の性格と行動はしっかり考えて演じます

――大政絢さんの高校時代というのも、愛貴さんにピッタリ?

菅田 私はあんなにおきれいではないですけど、目元や笑った目が似ていると、プロデューサーさんに言っていただきました。大政絢さんのインスタグラムとかで、どんな表情をされているのかチェックしました。

――他にも役作りでしたことはありました?

菅田 こういう性格だからこういう行動になるとか、目的があってこうしているとか、しっかり考えるようにしています。優芽子は内気だから、ポンポンされて驚いて後ずさりしたり、体を引いてしまったり。あとは手が迷子というか、ピッとしてないようにしました。

――そういうことを、演出を受ける前に自分で考えたんですか?

菅田 はい。「こういうことをしよう」というのを何パターンか用意しておいて、現場で対応できるようにしました。それと、神宮寺くん役の佐藤(大樹)さんが迫力満点だったので、私も自然と優芽子の行動に移せました。

――では、あまり悩むことはなかったと。

菅田 緊張はすごくしてしまいました。学校の教室がキャストの控え室になっていたんですけど、私は中に入れなくて。廊下でマネージャーさんたちが立っているところに、交じっていました(笑)。

――そういうところで内気さが出て?

菅田 ドキドキして人見知りになってしまいます。あまり良くないので克服したいですけど。でも、教室に1回入ったら、皆さんが「何歳なの?」とか話し掛けてくださって安心しました。

声の幅を広げたくてデスボイスも調べて(笑)

――2月には、音楽と融合した朗読劇『青い鳥』にミチル役などで出演しました。

菅田 すごく難しかったです。4役を演じて、それぞれどう表現したらいいかわからなくて。演出家さんや水(夏希)さんに聞いて、声色を変えたり、早口にしたりすることを意識して。声の出し方の動画も観ました。

――そんな動画があるんですね。

菅田 そうなんです。かわいい声の出し方とか、デスボイスの出し方とか(笑)。朗読劇は声だけで表現しないといけなかったので。デスボイスは出していませんけど(笑)、声の幅を広げるようにしました。

――こちらも本番は思い通りに行きましたか?

菅田 最初の1回で、自分がお稽古でやってきたものをしっかり出せた想いはありました。でも、舞台は1回1回変えて作り上げていくもので、途中2公演だけ、ラップが入ったりもしたんですね。そういうふうに進化させていって、最後の1回で腑に落ちたというか、自分で納得できるものが作れたと思えました。

――ラップはとき宣でも、杏ジュリアさんと共に担当することが多いですね。

菅田 舞台では曲中で歌うのではなくて、台詞で「ヘイ、ヨー」みたいに言うので、緊張しました。でも、稽古から面白くて、やり遂げられて安心しました。

――千秋楽を満足感いっぱいで終えられたと。

菅田 フーッ……という感じでした(笑)。チルチル役の岡田奈々さん(AKB48)にも仲良くしていただきました。この前久しぶりにお会いできて、すごく嬉しかったんですけど、緊張してしまって、あまりお話しできなくて。

――岡田奈々さんは歌もうまいですよね。

菅田 そうなんです。お稽古中に何回聴いてもうっとりしてしまって。それで、すごくやさしかったので、惚れてしまいました(笑)。

心配性で準備をたくさんしないと不安です

――『超無敵クラス』にも出演されていますが、バラエティにも意欲は強いんですか?

菅田 私のことを知ってもらうためにも、いろいろ出ていきたいです。『超無敵クラス』は、同年代の10代の子と一緒のお仕事があまりないので、楽しい現場ですね。

――番組内のトークでは、ギャル系の人たちがグイグイ行く中に入っていくのは、なかなか難しいところ?

菅田 いろいろな路線の子たちの中で、私も自分らしく思ったことを言えるようになりたいです。

――バラエティの研究もしているんですか?

菅田 MCのかまいたちさん、指原莉乃さんが出られる番組は欠かさずチェックします。台本も何回も読んで、どういうことを言おうか考えて。VTRを観ているうちに忘れてしまったりもするんですけど(笑)、困らないようにしておいて臨んでいます。

――ドラマや舞台と同じく、本当に準備を念入りにするんですね。

菅田 すごく心配性なので、準備をしておかないと不安なんです。その不安を消すために、できることは全部していきます。

焼きいものスピーチで話を練りに練りました

――『超無敵クラス』で「いいこと言えた」と思ったこともありました?

菅田 ひと笑い起こると「良かった」となります。1人で焼きいものスピーチをさせていただいたときは、だいぶ前からどういう話をするか練りに練って、自分で作った台本を何度も何度も読み上げていたんですけど、本番では本当に緊張してしまって。それでも、おいもを食べたことがないという子にも「おいしそう」と言ってもらえて、嬉しかったです。

――そのときも、台本作りにだいぶ労力をかけたんですね。

菅田 画用紙に絵を描いたり、おいもについてたくさん調べたりしました。どういう順番で話すか。私がおいもを好きになったきっかけをどう伝えるか。ここでみんなに質問しようとか、そういうことも考えて文章にしました。

――同じアイドルの=LOVEの齊藤なぎささんも出演しています。

菅田 控え室やエレベーターで少しお話しすることがあります。やっぱり私が緊張してしまうので、ガッツリ話し掛けられるように頑張りたいです。

――なぎささんは指原さんに「人類で一番かわいい」と言われています。ライバル意識もありますか?

菅田 私はかわいい子が好きで、なぎさちゃんはやっぱりかわいいし、いい人で癒される感じもします。お友だちになりたいです。

フレッシュさは失くさないように

――そうした個人活動のときは、とき宣を背負っているつもりで?

菅田 背負っている意識はないですけど、幅広い世代の方にとき宣を知っていただきたいと思っています。『すきっ!』がバズって、『超無敵クラス』の街頭インタビュー中も、「アイドルさん?」と聞かれて、超ときめき宣伝部と言うと「知ってる。『すきっ!』のグループだ」と言っていただいて、いろいろ繋がるなと思いました。

――相乗効果はあるでしょうね。

菅田 超ときめき宣伝部は駆け上っている最中で、サンリオさんとのコラボでツアーを回ったり、横浜武道館の初ライブをやったり、新しい挑戦もしています。10月の幕張メッセはすごく大きな会場なので、この勢いをなくさずにいけたら。フレッシュさとかわいさをアピールして、誰が見てもキラキラしているイメージのアイドルになりたいです。私は最年少なので、特にフレッシュさは忘れません(笑)!

――幕張メッセまでにしておきたいこともありますか?

菅田 歌を上達させるのと、満員にできるようにSNSも頑張りたいです。ライブもひとつひとつ大切に「また行きたい」と思ってもらえるようにして、幕張に繋げていきたいと思います。

――愛貴さんは高校3年生でもありますが、残りの高校生活はどう過ごしますか?

菅田 プライベートではあまり何かしたいと思いません。現役高校生のうちに、高校生の役をもう少しできたらいいですね。制服を着て、胸キュン系とか出たいです。

――やっぱりお仕事が中心で。

菅田 こちらの活動に重点を置いているので、遊びたいとかはないです。ただ、勉強はやらないと母に申し訳ないので、頑張りたいなと思います。

撮影/松下茜

Profile

菅田愛貴(すだ・あき)

2004年12月20日生まれ、東京都出身。

2020年4月より超ときめき宣伝部に加入。同年8月発売のシングル『トゥモロー最強説!!』でデビュー。Reading Pop『青い鳥』に出演。ドラマ『理想のカレシ』(TBS系)に出演中。『超無敵クラス』(日本テレビ系)でレギュラー。「行くぜ!超ときめき宣伝部 in 幕張メッセ!」を10月22日に開催。

超ときめき宣伝部ミニアルバム

『ハートギュッと!』

6月22日発売

通常盤(エイベックス提供)
通常盤(エイベックス提供)

TYPE-A~C 4500円(税込)

通常盤 2000円(税込)

超ときめき宣伝部(エイベックス提供)
超ときめき宣伝部(エイベックス提供)