韓国の与党「共に民主党」の大統領候補に指名された李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事は大統領候補に選出された直後の受託演説で「大転換の危機を大跳躍の機会にしていく」と切り出し、「日本を追い越し、先進国に追いつき、やがて世界を先導する国、大韓民国をつくる」と宣言していた。

 振り返れば、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も日本から半導体素材の輸出規制を掛けられた2019年に国民向け談話で「我々は日本に勝つ」と言っていた。この時は「北朝鮮との経済協力が実現すれば」との条件付きであった。南北が融和し、人口8千万人の単一市場、経済共同体を構成できれば「日本に一気に追いつくことができる」という理屈だった。史上初の米朝と3度にわたる南北首脳会談が開かれたこともあって文大統領の発言はそれなりの説得力があった。

(参考資料:文大統領の「南北経済協力で日本に勝つ!」の「隠し玉」は北朝鮮の地下資源か!?)

 世界の3大投資家の一人として知られている米国のジム・ロジャーズ氏(現ロジャーズ・ホールディングス会長)が「統一コリアと日本を比較した場合、日本は相手にならないだろう」と予言したように韓国の技術力と資本、ノウハウなどを使って北朝鮮の豊富な地下資源と教育レベルの高い、勤勉で安価な労働力を活用すれば、将来、その日が訪れるかもしれないが、対立を繰り返す近親憎悪の南北の現状を考えれば、文大統領の南北統一の夢は幻想であり、構想は絵に描いた餅であった。分断から76年経っても統一を達成できない韓国と北朝鮮が今後、20年、30年内に統一できるとはとても思えない。

 李知事は文大統領とは異なり、韓国民が「第二次世界大戦後の最貧国から世界10位の経済大国に躍進させた」ことや「IMF危機(1997年の金融危機)をいち早く克服した」こと、「日本の輸出報復に短期間で完璧に勝った」こと、そして「気候危機と技術革命、世界的な感染病にもっとも上手く対応した」ことなどの「実績」をその根拠として列挙していた。

 日本の経済成長率はこの20年間でマイナス20%なのに対して韓国の成長率はプラス158%となっていること、世界デジタル経済力評価でも、一人当たりの購買力評価基準である国民所得(DGP)でも、初任給でも平均年収でも韓国が日本を上回っていることなど、さらにスマートフォン、半導体、家電製品、バッテリーなど先端産業や電子分野で日本よりも優位に立っていることなどが李知事の自信の裏付けになっているのかもしれない。

 韓国人の多くはこの李知事の心地の良い発言に酔いしれるかもしれないが、傍から見ると、虚勢にしか聞こえない。そのことは先の真鍋淑郎氏のノーベル物理学受賞のニュースに接した韓国の反応からも窺い知れる。一言で言うと「またか、それにしても日本は凄い!それに較べて我が国は。。。とほほ」というものであった。

 ノーベル賞を受賞した日本人は28人。国別ランキングでは世界で7番目に多いノーベル賞受賞国である。受賞者の中には化学、生理学・医学、物理学など基礎科学と源泉技術の象徴である科学分野の受賞者が25人も含まれている。

 これに対して韓国はたったの1人、それも平和賞である。ちなみに平和賞は日本も佐藤栄作元首相が1974年に受賞している。

 経済、社会、文化の発展を担保する科学技術の水準では韓国はまだまだ日本よりも遅れを取っているのが実情である。そのことを立証したのが、およそ2か月前の「韓国が日本に勝てる?・・・依然として科学技術に差が」との見出しの韓国経済紙「アジア経済」の記事(8月16日付)である。

 同紙は今年3月に韓国科学技術通信部が2年ごとに発表している「11大分野主要先進国と韓国の技術水準評価」のデーターを参照し、日本と韓国の科学技術水準を比較していたが、韓国が日本よりも先行している分野は一つもなかった。

 米国のレベルを100とすると、「宇宙・航空・海洋分野」は日本83.5%に対して韓国68.4%、「機械・製造分野」は日本90.3%対韓国80.7%、「素材・ナノ分野」は日本97.6%対韓国80.8%、「エネルギー・資源分野」は日本91.0%対韓国80.2%と、韓国はどれもこれも日本の後塵を拝している。

 また、「環境・気象分野」では日本90.0%対韓国81.1%、「農林・水産・食品分野」では日本88.4%対韓国81.%、「災害・安全分野」では日本87.8%対韓国80.4%と、この3つの分野でも韓国は後れを取っている。

 但し、先端技術である「ICT·SW分野」(日本84.3%対韓国83.0%)、「国防分野」(日本77.0%対韓国75.0%)、「建設・交通分野」(日本89.1%対韓国84.0%)、「生命保険分野」(日本81.6%対韓国77.9%)ではその差は縮まってきているが、それでもまだ追い抜いてはいない。

 同紙は結論として韓国の経済・社会・政治・文化などの著しい発展が砂上の楼閣にならないようにするには科学技術発展に多くの努力と投資が必要であると結んでいた。

 韓国では韓国が「昇る太陽」で、日本が「沈む太陽」と評する政治家やメディア関係者が多いが、日本の「経団連」にあたる「全国経済人連合会」(全経連)をはじめとする経済界は冷静で、日本に追いつけるかもしれないが、追い抜くのは容易ではないとみている。

 「全経連」は8月に公表した報告書の中で「韓国はこの30年間に主要経済指標で日本を追い抜いたが、技術競争力では依然として劣勢にある」として、韓国経済が持続的に成長するためには「日本との格差がある科学技術競争力を高めることにある」と分析していた。

(参考資料:日本を猛追する韓国の経済力 韓国「全経連」報告書の概要)