「イタリア式か、韓国式か」 米議会で議論された感染対策法

新型ウイルス肺炎拡大で開かれた米下院公聴会(写真:ロイター/アフロ)

 韓国中央防疫対策本部の今朝の発表によると、韓国の感染者の数は昨日よりも110人増え、7979人となった。

 完治者も177人増え、510人となった。最初の感染から54日目にして感染者発生数と完治者の数が逆転した。

 集団感染が発生している大邱市では61人増加したが、前日(73人増)に続き2日続けて、二桁の増加に留まり、鈍化の兆しがあると、防疫対策本部ではみている。

 イタリアは13日午前8時(現地時間)基準で感染者は前日よりも2651人増え、1万5113人と、世界で2番目に感染者が多い。世界4位の韓国の1.8倍にあたる。また、一日の増加数では過去最高で、韓国の24倍である。

 イタリアの死亡者も1千人を超え、1016人に達した。韓国(69人)の約14倍である。致死率は前日の6.6%から0.12%上昇し、6.72%となった。韓国は1%以下の0.8%である。新型コロナウイルス発症の地である中国ですら3.9%(3173人)であることから尋常でないことがわかる。

 韓国よりも人口が約1千万人多いイタリアは韓国とほぼ同じ1月下旬に初の感染者を出している。イタリアはロンバルディア州など北部で、韓国は大邱を中心に東南部(慶尚北道)で感染者が拡大した。

 大都市ミラノがあるロンバルディア州はイタリアの人口の6分の1にあたる1千万人を擁している。慶尚北道は第3の都市・大邱市の246万人を含めると、516万人で、韓国の人口の約10分の1にあたる。

 ロンバルディア州での感染者の数は8725人で、全感染者(1万5113人)の半数以上を占めている。一方の慶尚北道も大邱の5867人を含めると7010人に達し、韓国全体(7979人)の約9割に上る。

 イタリアと韓国の状況は似ているのに感染者の数や死亡者の数で差が開いた理由はどこにあるのか?

 イタリアも初動では広範にわたってPCR検査を実施した。しかし、時間が経つにつれ、検査を症状が疑われる人を対象に狭めた。その一方で、発症地域を閉鎖する方向に舵を切った。3月9日には全国民の移動を制限する措置も取った。

 他方、韓国は濃厚接触した疑いのある人を積極的に追跡し、1日平均1万2千件のPCR検査を実施した。特に、韓国は医療スタッフの感染リスクを最小化するため希望者が乗車したまま簡単に検査を受けられるドライブスルー検査施設を全国50か所以上設置した。その結果、韓国は感染者を早期に発見し、積極的に対処することができた。

 韓国は13日零時基準で24万668人の検査を行っているが、イタリアは約3分の1の8万6000人程度に留まっている。結果は、感染者数でイタリアが1万5113人なのに対して韓国は7979人、死亡者の数でイタリアの1016人、韓国の69人の差になって表れている。

 こうしたことから、ここ数日間で急速に感染者を出し始め、感染者1329人、死者38人に達した米国では米下院監視・政府改革委員会の公聴会が12日に開かれ、キャロライン・マローニー委員長が冒頭発言で「韓国は今、19万6千人以上検査を実施しているが、我々はどこにも行けない。韓国はドライブスルーを実施しているが、米国民は自分の主治医の検査すら受けられないでいる。これが米国だ」と、韓国の検査件数と迅速な措置に比べて米国の対応が遅れていることを批判していた。

 また、公聴会ではイタリアと韓国の実情と対応が取り上げられ、民主党のラジャ・クリシュナムルティ議員は「米国と韓国は同じ時期にコロナ感染者が出ているのに韓国はその後、100万人あたり4千人、イタリアは1千人、英国は400人なのに対して米国は15人に過ぎない」と述べ、またマーク・ポカーン議員も非公開のブリーフィングで「米国は韓国になれる能力を完全に逃してしまった。イタリアのような危機に向かっているのでは」との憂慮を示していた。

 なお、ロイター通信は専門家らの意見を引用し「イタリアと韓国の統計を単純比較はできないが、攻撃的で持続的な検査がウイルスと戦う上で強力な手段であることを示唆している」と伝えていた。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動開始。98年 ラジオ「アジアニュース」パーソナリティー 。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。著書に「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人、残念な日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    金正恩を「脱法コロナ美女クラブ」で怒らせた幹部たちの末路 高英起3/31(火) 5:02
  2. 2
    「中国は大きな赤ん坊を養わない」――“新型コロナウイルスから避難”帰国者にキャスターが一喝 西岡省二3/31(火) 17:22
  3. 3
    新型コロナ、生きるか死ぬか 結果からみる致死率18%超の衝撃 飯塚真紀子3/30(月) 8:37
  4. 4
    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、コロナ封鎖の地獄絵図 高英起3/27(金) 5:02
  5. 5
    新型コロナで失業「来月の家賃が払えない」 救済金13万円はどこまで国民を救えるか 安部かすみ3/30(月) 10:10
  6. 6
    パラオの新型コロナウイルス感染者ゼロと、背景に見える「中国」との関係 宮路秀作3/30(月) 19:49
  7. 7
    志村さん訃報で広がる中国非難の中、厚労省の「悪いのは人でなくウイルス」は正しいのか 遠藤誉3/31(火) 20:22
  8. 8
    コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表 今井佐緒里3/15(日) 9:30
  9. 9
    コロナウイルスにリスクのある薬、イブプロフェンをめぐる世界の情報錯綜を整理【1】ドイツとオーストリア 今井佐緒里3/30(月) 9:00
  10. 10
    新型コロナ感染拡大、米ニューヨークで何が起こっているのか 田中めぐみ3/30(月) 9:02