北朝鮮に対する米軍の先制攻撃はいつでも可能な状態

米軍による地下バンカー内を掃討する訓練

トランプ政権は北朝鮮に核ミサイルを放棄させるためあらゆる選択肢を検討している。そのオプションの中には軍事力の行使や政権交代も含まれているようだ。果たして北朝鮮との合戦の備えは準備万端なのだろうか。

この記事は有料です。
「辺真一のマル秘レポート」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「辺真一のマル秘レポート」のバックナンバー2017年3月サンプル記事

辺真一

価格

540(記事6本)

2017年3月号の有料記事一覧

すべて見る

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。1986年 テレビ、ラジオで評論活動開始。98年 ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー 。2003年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会会員、日本ペンクラブ会員。著書に「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」(飛鳥新社)「世界が一目置く日本人、残念な日本人」(三笠書房)「大統領を殺す国 韓国」(角川)「金正恩の北朝鮮と日本」(小学館)「北朝鮮100の新常識」(マサダ)「韓国人と上手につきあう法」(ジャパンミックス)など20数冊