ICBM発射はイラクへの武力行使に繋がった7度目の国連制裁決議を招く

パナマで4年前に拿捕された北朝鮮貨物船「清川江号」

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射すれば、国連安保理は再び、強い制裁を掛けざるを得ない。北朝鮮に対しては過去10年間、核実験への制裁を含めすでに6度制裁決議が採択されている。7度目となれば?

この記事は有料です。
「辺真一のマル秘レポート」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

「辺真一のマル秘レポート」のバックナンバー2017年1月サンプル記事

辺真一

価格

550(記事3本)

2017年1月号の有料記事一覧

すべて見る

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動開始。98年 ラジオ「アジアニュース」パーソナリティー 。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。著書に「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人、残念な日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など25冊

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ