大津秀一

緩和ケア医師
岐阜大学医学部卒業。緩和医療専門医。日本初の早期緩和ケア外来専業クリニック院長。がん総合外来を運営。2006年わかりやすい医療情報が皆の幸せになると執筆を開始、著書累計65万部(『死ぬときに後悔すること25』ほか)。2003年緩和ケアを開始し、2005年日本最年少の緩和ケア医となる。2006年緩和医療医併診の必要性を先がけて訴える。同年笹川医学医療研究財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。ホスピス医、在宅医を経て2010年から東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンターに所属し緩和ケアセンター長を務め、2018年より現職。内科専門医、老年病専門医、消化器病専門医、がん治療認定医。

記事一覧

1~11/11件 年月で絞り込む

2019年

前へ

  • 1

次へ

1~11/11件