毒ガスを使用したシリアにアメリカが武力制裁、トマホーク巡航ミサイルで攻撃

米海軍より、シリア武力制裁でトマホーク巡航ミサイル攻撃を実施するイージス艦

再び毒ガスを使用したシリアのアサド政権に対してアメリカが遂に武力制裁に踏み切りました。2013年に毒ガスの使用はレッドラインであると事前に警告しておきながら実際に使われた時に何もしなかったオバマ政権と違い、今年4月4日に新たな毒ガス攻撃が行われたことに対して、4月6日にトランプ政権は武力制裁を行いました。

  • 米海軍よりトマホーク巡航ミサイルによるシリア武力制裁

アメリカ国防総省の発表によると、攻撃を実施したのは地中海に展開していたイージス駆逐艦「ポーター」と「ロス」。毒ガス攻撃の拠点となったアル=シャイラト航空基地に対しトマホーク巡航ミサイル59発により、戦闘機と格納庫、弾薬や燃料貯蔵庫、レーダー及び防空システムを破壊しています。