今年は長め さくら開花から満開までの期間

日傘を差すシニア女性(ペイレスイメージズ/アフロ)

さくらの開花と寒気南下

 全国的に暖かい日が続いたことから、3月20日(水)には、長崎でさくらが開花しました。

 沖縄・奄美以外では今季初めてで、極端に早かった、昨年、平成30年(2018年)よりは3日遅くなりました。

 そして、21日(木)には東京、横浜、福岡が、22日(金)には高知・松山・宮崎・広島・名古屋・岐阜、23日(土)には佐賀でさくらが開花しました。

 花見シーズンが開幕しました。

 しかし、23日(土)から強い寒気が日本付近を通過しています(図1)。

図1 日本上空約5500メートルの気温(3月24日朝)
図1 日本上空約5500メートルの気温(3月24日朝)

 このため、関東から西の各地での次なる開花は、少し足踏みです。

 そして、3月最終週は、3月26日(火)から27日(水)、および、29日(金)から30日(土)にやや強い寒気が南下してきます(図2)。

図2 日本上空約5500メートルの気温(3月29日夜)
図2 日本上空約5500メートルの気温(3月29日夜)

 このため、さくら開花前線の南の地方から北の地方へ、あるいは、平地から山麓への移動スピードは遅くなります。

桜の開花予想と満開予想

 気象予報会社等では、日々の気温の高低も加味して「さくらの開花予想」や「さくらの満開予想」を行っています。

 気象予報会社によって、対象とするさくらの木が違ったり、予報を発表する時期が違ったりするので、簡単には比較できないのですが、ウェザーマップのさくら開花前線の予報では3月中に東日本の太平洋側から西日本でさくらが開花します(図3)。

図3 さくら開花前線(ウェザーマップ3月21日発表、地名の下のさくらマークは開花を示す)
図3 さくら開花前線(ウェザーマップ3月21日発表、地名の下のさくらマークは開花を示す)

 さくらの開花は、観測対象の木(標本木)で、5~6輪以上の花が開いた状態を「開花」といい、さくらの開花から4~5日位で「五分咲き」、つまり、花芽の5割が花開いた状態になります。

 気温や雨、風によって異なりますが、一般的には、さくらの開花から1週間から10日くらいで「八分咲き」、つまり満開となります。

 「八分咲き」を満開としているのは、最初に開花した花びらが散り始めることや、さくらが一番きれいに見える状態が「八分咲き」であることによるとされています。

 そして、ウェザーマップのさくら満開予想日は、表のようになっています。

表 各地のさくらの開花・満開予想日(ウェザーマップによる)
表 各地のさくらの開花・満開予想日(ウェザーマップによる)

 平成最後のさくらは、開花から満開までの期間がほとんどの所で10日以上となっているのは、開花後の気温が高くないことを反映しています。

 東京の9日も、平成の30年間の平均である8日よりは長めです。

 つまり、平成最後の花見期間は、今のところ、長めが予想されています。

 すでに開花している地点でも、3月最後の週末だけでなく、4月最初の週末も花見が楽しめる可能性があります。

図4 東京の満開予想と10日予報
図4 東京の満開予想と10日予報

図1、図2、図3、図4、表の出典:ウェザーマップ提供