「大人にはなれても、少女には戻れない」。吉本興業発のレビューカンパニー「少女歌劇団ミモザーヌ」とは

「少女歌劇団ミモザーヌ」のきくたまこと(左)といまもりまなか

 吉本興業発のレビューカンパニー「少女歌劇団ミモザーヌ」のお披露目会が15日に大阪市内で行われました。「サクラ大戦」などを手掛けたマルチクリエーターの広井王子さんが総合演出を務め、11から19歳の少女で昨年5月に結成。トレーニングを積み、今年3月にお披露目予定でしたが、新型コロナ禍で延期になっていました。14人の第1期メンバーの中から、きくたまことさん(19)といまもりまなかさん(17)が今の思いを語りました。

20歳で退団というルール

 きくた:「少女歌劇団―」は20歳になったら退団するというルールなんです。なので、私は今19歳なので、お披露目したばかりなんですけど、活動できる期間はあと1年もないんです。

 新型コロナがあって、お披露目の時期がズレたりもして、さらに活動時間が短くはなったんですけど、みんなでやっと舞台に立てて、本当にうれしかったし、あと1年ですけど、皆さんに恩返しができるように頑張りたいです。

 いまもり:もともとの日からかなり遅れてのお披露目だったので「本当にその日が来るんだろうか」と思うくらい、長く感じられた期間でもあったんですけど、みんなでお披露目を迎えられて本当に良かったなと。

 レッスン・トレーニングの期間は、いろいろな楽曲もさせてもらったんですけど、とにかく基礎練習の日々でした。体幹トレーニングとか、バレエやヒップホップダンスの基礎をやったり。そういう一つ一つが思い出されたりもしましたね。

仲間だけどライバル

 きくた:私は小さい頃から子役として芸能活動をしていて、大人になっても続けていきたいという思いはあったんです。ただ、勉強もあるし、どうしても芸能のお仕事は東京が中心にもなりますし。大阪でその機会がなかなかない中で、この「少女歌劇団―」が結成されるということを知って応募したんです。

 いまもり:私も小学3年の頃からダンスをやっていて、ダンスボーカルグループにも入っていたんです。ステージで歌ったり、踊ったりする楽しさは感じてたんですけど、グループが解散することになって。そんな中で「少女歌劇団―」のことを知って応募しました。

画像

 きくた:でも、実際に入ってみると、難しいこともたくさんありました。合宿で振り付けの練習をしたり、感情を表に出すトレーニングをしたり。自分ではやっているつもりなんですけど、まだまだ足りないという場面が何回もありました。

 いまもり:私は(総合演出の)広井王子さんに言っていただいて、ずっと心に残っていることがありまして。

 「どんなに嫌いな人がいたとしても、その人の幸せを願える人になりなさい」

 レッスンの中でそれを言われた時に、すごく心に刺さりまして。そして、そんな人間になれたら素敵だなと。どうしても、苦手な人っていたりもしますけど、その人が笑顔になるように。そんな思いを持って過ごすようになりました。

 きくた:あと、自主性が強くなったなと感じています。今までやったら、少ししんどかったら「もう、あきらめてしまおう」と思ったりもしてたんです。でも、このグループに入って“仲間だけどライバル”という存在ができました。

 「あの子のここがいいからマネをしてみよう」とか「ここは負けたくない」とか、そういうことを日々思うようになって、細かいことかもしれませんけど「今日はこれをしないと絶対に寝ないでおこう」とか、そういう自分が出てきたのは変わった部分だと思います。

 いまもり:自分たちのパフォーマンスで笑顔になってほしい。その思いが日に日に強くなっています。少しでも明るい気持ちになってもらえたらなと。

 きくた:最初にお話をしたみたいに、この「少女歌劇団―」は20歳までと限られているんです。それも、すごく素敵なことだなと思っていて。大人にはなれても少女には戻れない。

 まだ咲き誇ってない女の子がグループに入って将来の夢を考えて、その結果、メンバーから日本を背負っていくような女の子が出てくる。そのきっかけになれたらなと。

 トークも難しいし、何か面白いことを言うなんて、さらに難しいですし(笑)、やらないといけないことだらけです。私の場合は、あと1年と決まっていますけど、その中で、精いっぱい頑張りたいと思います。

画像

(撮影・中西正男)

■少女歌劇団ミモザーヌ(しょうじょかげきだんみもざーぬ)

2019年5月に結成。11歳から20歳までの少女で結成されたレビューカンパニー。20歳を迎えると自動的に卒業というスタイルをとる。第1期メンバー14人は応募総数736人の中からオーディションを経て選ばれた。第2期メンバー9人を合わせ、23人で始動。マルチクリエーターの広井王子氏が総合演出を務め、スタッフには世界的ダンスカンパニー「コンドルズ」の古賀剛らが集った。最年長メンバーのきくたまことは2001年10月1日生まれ。大阪府出身。身長162センチ。趣味はスポーツ観戦。趣味がギターという、いまもりまなかは03年7月1日生まれ。京都府出身。身長162センチ。オリジナル曲「ミモザのように」を発表。第1回公演「Begin~始まりの歌」を12月30日に配信イベントとして開催する。

立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。2003年、故桂米朝さんにスポーツ紙として異例のインタビューを行う。「上方漫才大賞」など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、株式会社KOZOクリエイターズに所属する。現在、読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」などにレギュラー出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞する。また、CNN、BBC、ニューヨークタイムズなどが使用する記事分析ツール「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月6回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「ガラガラ」「気持ち悪い」? 『STAND BY ME ドラえもん2』はそんなに悪い作品か?飯田一史11/24(火) 13:00
  2. 2
    百折不撓・木村一基九段(47)大熱戦を制して藤井聡太二冠(18)に会心の初勝利 将棋NHK杯2回戦松本博文11/26(木) 6:00
  3. 3
    羽生善治九段、横歩を取らせ角を打って動く 豊島将之竜王が55手目を封じて竜王戦第4局1日目終了松本博文11/26(木) 18:38
  4. 4
    【戦国こぼれ話】災害には備えが必要。地震で一夜にして消滅した帰雲城と城主の内ヶ島氏理とは!?渡邊大門11/26(木) 8:41
  5. 5
    【戦国こぼれ話】飽食といわれる現代社会。戦国時代の食事はどのようなものだったのか?渡邊大門11/25(水) 9:05
  6. 6
    横浜銀蝿40th「全員で249歳、また4人で自分達のロックンロールができて幸せ」田中久勝11/25(水) 17:37
  7. 7
    勝つのは充実の豊島将之竜王か? 復調の羽生善治九段か? 延期されていた竜王戦七番勝負第4局始まる松本博文11/26(木) 11:24
  8. 8
    よもやよもや! 羽生善治九段(50)深夜の大逆転で佐藤康光九段(51)を降しA級順位戦2勝目松本博文11/24(火) 1:45
  9. 9
    【戦国こぼれ話】日本人奴隷は世界を駆け回っていた!?あまりに無慈悲な奴隷正当化の論理!渡邊大門11/23(月) 10:05
  10. 10
    【戦国こぼれ話】家紋には知られざる意味があった?その謎のルーツと真相に迫る!渡邊大門11/24(火) 8:06