鈴木杏樹と喜多村緑郎。何とも後味の悪い“その後の話”

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 早いもので10月に入り、あと1カ月もしたら、年の瀬に向けて今年の芸能ニュースを総ざらいするモードにも入っていきます。

 2020年を振り返る際、間違いないくピックアップされる一つであろう、鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの不倫騒動。ここ最近は目立った動きはありませんでしたが、その後を取材する中で、これまで世には全く出ていないものの、何とも後味の悪い事実に行きつきました。

 以下は、コラムという形でもなく、僕のパソコンに残っている取材メモをそのまま転載したものです。複数の関係者から聞いた話を備忘録的に綴りました。

この記事は有料です。
中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~のバックナンバー2020年10月サンプル記事

中西正男

価格

330(記事6本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。上方漫才大賞など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、KOZOクリエイターズに所属する。読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」、MBSラジオ「松井愛のすこ~し愛して♡」、ABCラジオ「ウラのウラまで浦川です」などに出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞。また「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。noteで「全てはラジオのために」(note.com/masaonakanishi)も執筆中。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    オープニングで失敗の新番組~『ラヴィット!』『めざまし8』失速の理由~鈴木祐司4/11(日) 16:31
  2. 2
    「もう一回ブレークしないと、先はない」。40歳になった「フルーツポンチ」村上健志の覚悟中西正男4/11(日) 9:36
  3. 3
    【戦国こぼれ話】大坂の陣の際、宣教師は信者を助けようとして大坂城に入ったのではなかった渡邊大門4/12(月) 6:00
  4. 4
    『フランダースの犬』の最終回、ネロとパトラッシュが幸せになる方法はなかったか?柳田理科雄4/12(月) 8:00
  5. 5
    いよいよ今夜先行チケット発売開始・劇場版「名探偵コナン 緋色の弾丸」公開前の熱量やいかに小新井涼4/12(月) 7:30
  6. 6
    今田耕司が語った!仕事、結婚、これから…井上公造2017/11/18(土) 9:00
  7. 7
    52年前の今日、日本中の子どもが絶望した…! ゼットンの「1兆度の火球」のすごい威力とは?柳田理科雄4/9(金) 9:00
  8. 8
    「ノーマルとかアブノーマルとかいう言葉が大嫌いでした」。今から約30年前、性のタブーに挑んだ理由水上賢治4/11(日) 7:00
  9. 9
    ドウェイン・ジョンソンとメーガン・マークル、アメリカ大統領を狙う?猿渡由紀4/12(月) 8:02
  10. 10
    永島聖羅が乃木坂46卒業から5年で連ドラ初レギュラー 「頑張っていれば誰かがどこかで見てくれるので」斉藤貴志4/11(日) 12:45