小出恵介、3年5カ月前に吐露していた明石家さんまへの思い。“お蔵入り”になった原稿を今、読んでみて…

明石家さんまへの思いを吐露していた小出恵介(2017年4月、筆者撮影)

 「やっぱり、さんまさんなんや…」

 現在発売中の「婦人公論」の原稿を読んで、心底、そう思いました。何の話かというと、中村竜太郎さんのインタビューに答えた俳優・小出恵介さんの記事です。

 久々に仕事復帰するにあたり、あらゆる心情を吐露する中で、明石家さんまさんへの思いを語っているのですが、その記事を見て、僕の頭の中の記憶が鮮明に呼び起こされました。

 日付は2017年4月22日。場所は沖縄。Yahoo!拙連載のため、小出さんにインタビューをしました。

 タレント・ジミー大西さんの半生をモデルにしたNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」で小出さんがさんまさんの役を演じることになり、その作品をきっかけに話を聞くことになりました。

 実は、僕のiPhoneにはまだ小出さんのインタビュー音源が残っています。それをもとに原稿も書きました。でも、その少し後に、小出さんにトラブルが発生し、結局書いた原稿はアップされることなく“お蔵入り”となっていました。

 今回、さんまさんへの思いが詰まった「婦人公論」での原稿を読み、自らが3年以上前に書いた原稿を見直す中で、我が原稿ながら「そういうことか」と心が震える点が多々ありました。以下、その原稿と取材メモから、当時の小出さんの言葉を抜粋します。

(2017年4月22日午後1時34分)

この記事は有料です。
中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~のバックナンバー2020年9月サンプル記事

中西正男

価格

330(記事5本)

2020年9月号の有料記事一覧

すべて見る

1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。2003年、故桂米朝さんにスポーツ紙として異例のインタビューを行う。「上方漫才大賞」など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、株式会社KOZOクリエイターズに所属する。現在、読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」などにレギュラー出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞する。また、CNN、BBC、ニューヨークタイムズなどが使用する記事分析ツール「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    分厚いベールに包まれたプライベート。岡村隆史、結婚までの道のり中西正男10/23(金) 1:45
  2. 2
    挑戦者・羽生善治九段(50)緩急自在の指し回しで優位に立つ 竜王戦七番勝負第2局2日目午後松本博文10/23(金) 13:57
  3. 3
    社会現象化する「鬼滅の刃」、目標は100億円から一気に200億円に!? その可能性と条件は?斉藤博昭10/22(木) 16:22
  4. 4
    【戦国こぼれ話】鬼滅の刃が大ブレイク!日本刀とはどうやって作られたのだろうか。渡邊大門10/23(金) 8:00
  5. 5
    好調『危険なビーナス』で思い知る『半沢直樹』のスケール感鈴木祐司10/18(日) 8:30
  6. 6
    羽生善治九段(50)タイトル100期に向け大きな1勝 竜王戦第2局で豊島将之竜王(30)の粘り許さず松本博文10/23(金) 17:54
  7. 7
    藤井聡太二冠(18)順位戦通算34勝1敗! B級2組6回戦で強敵・村山慈明七段を押し切る松本博文10/22(木) 6:55
  8. 8
    映画『鬼滅の刃』規格外ヒットの背景 生み出された「プライスレス」な価値とは梅津文10/21(水) 13:37
  9. 9
    「満足したことはないし、これから先もない」。吉本実憂を衝き動かす、髪を30センチ切った日の思い中西正男10/22(木) 12:45
  10. 10
    「わたナギ」出演、夏子の初主演映画も。異彩を放つ映像作家、遠藤麻衣子の映画世界水上賢治10/23(金) 10:10