新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月8日から手合いが停止している囲碁界。

異常事態の中、棋士はどのように過ごしているのでしょうか。

タイトル戦真っ最中で中断してしまっている村川大介十段に日頃の様子をきいてみました。

―――ふだんと変わらない点と変わった点を教えてください。

井山棋聖や芝野名人など強い若手が参加されているネットの研究会に週2回参加しているのが以前と変わった点ですね。

あとはAIを使って研究をしたり詰碁を解いたりは普段通りです。

変わったところは対面での対局が全くなくなりました。人と会ってないです。外にもほとんど出ていません。