26日のKBOリーグは全5試合が17時開始で行われた。

ハンファイーグルス-サムスンライオンズ(テジョン)は6-2でサムスンが勝利。サムスンは先発のホ・ユンドンが3勝目(0敗)、2番オ・ソンジンの3回の3号2ランが決勝打となった。

サムスンは0-1で1点を追う3回表1死二塁、9番キム・ホンゴンのショートの頭を速い打球で越える二塁打で1-1の同点とし、オ・ソンジンの勝ち越し弾に繋がった。

キム・ホンゴンは前日25日の1打席目にヒットを放ち、約1ヶ月続いた連続打席無安打が43で止まった。キム・ホンゴンは昨年まで主にレフトを守っていたが、パク・ヘミンがLGツインズにFA移籍し今季からポジションをセンターに。またキャプテンに就任するなど変化の多い年を迎えている。

◇6月26日(日)の結果

・トゥサン 8 - 4 KIA(チャムシル)

 勝:イ ヒョンスン

 敗:イム ギヨン

・SSG 7 - 3 NC(インチョン)

 勝:イ テヤン

 敗:キム シフン

・KT 1 - 3 LG(スウォン)

 勝:イ ミンホ

 敗:ベンジャミン

・ハンファ 2 - 6 サムスン(テジョン)

 勝:ホ ユンドン

 敗:ナム ジミン

・ロッテ 4 - 9 キウム(プサン)

 勝:キム テフン

 敗:ク スンミン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「連続打席無安打記録は51」

KBOリーグの連続打席無安打記録は、90年代中盤に主に代走、守備固めで起用された元ヒョンデのヨム・ギョンヨプ(前SK監督)の51とのこと。KBOリーグは指名打者制のため、投手が打席に入る機会はほとんどなく、投手による連続打席無安打記録はない。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

KIAタイガース戦に1番センターで先発出場。1打席目ショートゴロ、2打席目レフトフライ、3打席目四球、4打席目センターフライ、8回裏の5打席目にセンターオーバーの三塁打を放った。ここまでの成績は57試合に出場し打率3割3分7厘。規定打席には16打席不足している。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。