12日の韓国KBOリーグは4試合がナイトゲームで行われました。

サムスンライオンズ-KIAタイガース(クァンジュ)はサムスンが2-1で勝利。サムスンの先発デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)が、エリック・ヨキッシュ投手(キウム)と並ぶリーグトップタイの15勝目(5敗)を挙げました。

ブキャナン投手は7回101球を投げて散発3安打に抑え、失点は初回にKIAの3番チェ・ヒョンウ選手に喫した同点ソロの1点のみでした。ブキャナン投手はカーブ、チェンジアップで打ち損じを誘い、奪った三振は4つ。テンポの良い投球を見せました。

この日のサムスンは正捕手のカン・ミンホ捕手が腰痛で欠場。今季先発10試合目の21歳、キム・ドファン捕手がブキャナン投手とバッテリーを組み、KIA打線を封じています。ブキャナン投手の防御率は再び2点台となって2.97です。

◆「2年続けて27試合目で15勝」

ブキャナン投手は昨季に続き15勝を記録。昨季同様に27試合目の登板での到達です。昨季は15勝目が最終登板でしたが、サムスンは今季あと13試合を残しています。現在サムスンは首位と2.5ゲーム差の2位です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KTウィズ戦の7回裏、代打で出塁のチェ・ヨンジェ選手の代走で出場。8回表からライトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇10月12日(火)の結果

・トゥサン - KT(チャムシル)

 勝:キム ミョンシン

 敗:チュ グォン

・キウム 13 - 2 NC(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ルチンスキー

・SSG 4 - 4 LG(インチョン)

 勝:

 敗:

・KIA 1 - 2 サムスン(クァンジュ)

 勝:ブキャナン

 敗:ユン ジュンヒョン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。