23日の韓国KBOリーグは4試合が雨またはグラウンドコンディション不良で中止。1試合のみ行われました。

ロッテジャイアンツ-KTウィズ(プサン)は7回表KTの攻撃中、雨によりこの日2度目の中断。39分間の中断の末、コールドゲームが宣告され6-2でロッテが勝利しました。

ロッテは東京オリンピック(五輪)韓国代表のパク・セウン投手が先発し、6回3安打無失点。前回のLGツインズ戦での9回途中1安打無失点に続き、五輪後に2戦続けの好投で5勝目(6敗)を挙げています。

この試合4回裏にも17分の中断。再開後も雨が降る中で試合が続き、7回表の中断後、ゲームセットとなっています。

◆「雨天中止が続き、予備日に全5試合開催」

雨天中止が続いているため、当初予備日となっていたあす24日は全5試合が行われます。この日中止になった4試合8チームのうち、7チームの予告先発投手がスライド登板の予定です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦は雨で中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が1試合の結果です。

◇8月23日(月)の結果

・トゥサン 中 止 ハンファ(チャムシル)

 勝:

 敗:

・サムスン 中 止 SSG(テグ)

 勝:

 敗:

・KIA 中 止 キウム(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 6 - 2 KT(プサン)

 勝:パク セウン

 敗:デスパイネ

・NC 中 止 LG(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。