東京オリンピックに参加する野球韓国代表は23日、韓国・ソウルのコチョクスカイドームで初の強化試合(評価戦)を行い、軍服務中の選手で構成される2軍リーグ所属のサンム(国軍体育部隊)と対戦し9-0で完勝した。

韓 1 4 0 0 0 0 4 0 0  9

サ 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0

韓国は5人の投手がサンム打線を4安打無失点に抑える完封リレー。打線はほとんどの打者が久々の実戦を感じさせない鋭い振りを見せ、11安打を放って9点を挙げた。

投手では先発候補のウォン・テイン(サムスン)、チェ・ウォンジュン(トゥサン)が持ち前の打たせて取る投球で、どちらも3回を投げて1安打無失点と好投。

打線では8番のオ・ジファン(LG)が二塁打3本と2四球で5打席すべてに出塁。途中出場のチェ・ジュファン(SSG)が7回にダメ押しの3ランを放ち、存在をアピールした。

◇先発オーダー

中 パク・ヘミン(サムスン)

左 イ・ジョンフ(キウム)

指 キム・ヒョンス(LG)

右 カン・ベクホ(KT)

一 オ・ジェイル(サムスン)

捕 カン・ミンホ(サムスン)

三 ホ・ギョンミン(トゥサン)

遊 オ・ジファン(LG)

二 キム・ヘソン(キウム)

◇バッテリー

投 ウォン・テイン(サムスン)、○チェ・ウォンジュン(トゥサン)、チャ・ウチャン(LG)、チョ・サンウ(キウム)、オ・スンファン(サムスン)

捕 カン・ミンホ(サムスン)、ヤン・ウィジ(NC)

韓国代表は当初、23日に24歳以下を中心とした選抜チームと対戦する予定だったが、感染症の影響により翌24日のオールスター戦と共に中止に。急遽23、24日に強化試合が再編成された。

強化試合は24日17時からにLGツインズ、25日14時からキウムヒーローズ戦が行われ、韓国代表は26日に東京入りする予定だ。

(関連記事:元阪神・呉昇桓が東京五輪韓国代表に緊急招集 ハマスタを知る3人に訪れた突然の事態

(関連記事:東京五輪の野球韓国代表が決定 呉昇桓、秋信守は選出されず

東京五輪日程・概要と韓国代表一覧(ストライク・ゾーン)