7月1日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

KIAタイガース-NCダイノス(クァンジュ)は6-3でKIAが勝利。KIAは右屈曲回内筋群の故障で戦列を離れていた、アーロン・ブルックス投手が6月1日以来、丸1ヶ月ぶりにマウンドにあがりました。

ブルックス投手は150キロ台のツーシームを連発し、スライダー、チェンジアップのコントロールも良く好投。復帰登板ということで4回54球でマウンドを降りました。被安打はアーロン・アルテール選手に喫したソロホームランを含む2安打のみ。NC打線を1点に抑えています。

また4番のチェ・ヒョンウ選手も左太もも裏痛から復帰し、6月13日以来の出場。4回に2点タイムリー二塁打を放つなど、4打数2安打3打点と活躍しました。エースと4番が戻ってきたKIAは連敗を5で止めています。

◆「チョン・ウラム歴代通算最多登板を更新」

ハンファイーグルスのチョン・ウラム投手が6月30日のトゥサンベアーズ戦の5番手で登板。通算登板数を902試合としてリーグ通算登板記録を更新しました。しかしこの日のチョン・ウラム投手はヤン・ソクファン選手に決勝満塁弾を含む5失点を喫し、敗戦投手になっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日パク・コンウ選手が1軍に復帰し、入れ替わって登録抹消となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇7月1日(木)の結果

・LG 1 - 6 KT(チャムシル)

 勝:ペ ジェソン

 敗:イム チャンギュ

・キウム 13 - 1 ロッテ(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:フランコ

・SSG 7 - 8 サムスン(インチョン)

 勝:チェ ジグァン

 敗:ソ ジンヨン

・ハンファ 3 - 10 トゥサン(テジョン)

 勝:ミランダ

 敗:チャン シファン

・KIA 6 - 3 NC(クァンジュ)

 勝:ホン サンサム

 敗:ソン ミョンギ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。